更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2020/03/03
最新掲載日last update posted date 2020/03/03
初回登録日first registered date 2010/06/11
初回掲載日first posted date 2010/06/14
結果概要初回登録日first registered date for the result 2020/03/03
結果概要初回掲載日first posted date for the result 2020/03/03
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2020/03/03 改訂 / revised
2018/12/17 JAPICによる結合情報 / merged information by JAPIC
2018/09/27 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2018/09/27 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2018/08/02 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2018/08/02 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2017/11/02 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2017/11/02 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2017/07/10 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2017/07/10 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2016/06/14 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2016/06/14 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2014/04/17 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA) 2015/05/14
2014/04/17 改訂 概要(英語) / revised summary (EN) 2015/05/14
2013/03/19 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2013/03/19 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2011/01/27 改訂 概要(英語) / revised summary (EN) 2012/02/15
2011/01/27 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA) 2012/02/15
2010/06/11 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2010/06/11 新規作成 概要(日本語) / initial created summary (JA)

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-101163
他の登録機関other registries 有 / presence
他の登録機関
他の登録機関の名称name of other registries ClinicalTrials.gov
他の登録機関でのID番号secondary ID no. NCT01077154
他の登録機関
他の登録機関の名称name of other registries EU Clinical Trials Register (EU-CTR)
他の登録機関でのID番号secondary ID no. 2009-011299-32
IPD共有に関する計画plan to share IPD 無 / no
IPD共有に関する計画の詳細plan description

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 再発リスクの高い早期乳癌女性患者を対象とした術後補助療法におけるデノスマブのプラセボ対照ランダム化二重盲検多施設共同第3相比較試験(D-CARE) A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Multi-Center Phase 3 Study of Denosumab as Adjuvant Treatment for Women With Early-Stage Breast Cancer at High Risk of Recurrence (D-CARE)
簡易な試験の名称public title 標準的な術前/術後補助療法を受けている再発リスクの高い早期乳癌女性患者に対する術後補助療法としてのデノスマブの試験(D-CARE) Study of Denosumab as Adjuvant Treatment for Women With High Risk Early Breast Cancer Receiving Neoadjuvant or Adjuvant Therapy (D-CARE)

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. デノスマブ Denosumab
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material denosumab
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 120 mg皮下投与を月に1回6ヵ月間、続いて3ヵ月に1回4.5年間投与する。経口のカルシウム(500 mg以上)及びビタミンD(400 IU以上)を5年間投与する 120mg subcutaneously (SC) once monthly for 6 months. 120mg SC every 3 months for the next 4 and a half years. Oral calcium (at least 500 mg) and vitamin D (at least 400 IU) for 5 years.
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material プラセボ Placebo
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code --- /
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material プラセボ皮下投与を月に1回6ヵ月間、続いて3ヵ月に1回4.5年間投与する。経口のカルシウム(500 mg以上)及びビタミンD(400 IU以上)を5年間投与する。 Matching placebo SC once monthly for 6 months. Matching placebo SC every 3 months for the next 4 and a half years. Oral calcium (at least 500 mg) and vitamin D (at least 400 IU) for 5 years.

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ3 / phase3
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2010/06/02
予定試験期間expected duration of study 2010/05/01 ~ 2021/12/23
目標症例数target sample size 4500
試験の概要brief summary 本治験では、デノスマブが術後補助療法として再発リスクの高い早期乳癌女性患者に投与された時の、骨転移及び骨以外の部位での再発に対するデノスマブの効果を調査する。 This randomized phase 3 trial is studying the effect of denosumab to see if it can prevent disease recurrence in the bone or in any other part of the body, when it is given as adjuvant therapy for women with early-stage breast cancer, who are at high risk of disease recurrence.
試験のデザインstudy design 国際、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照試験 International, randomized, double-blind, placebo-controlled study
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
アジア(日本以外) / Asia except Japan
北米 / North America
南米 / South America
欧州 / Europe
オセアニア / Oceania
アフリカ / Africa
適格基準inclusion criteria ・AJCCステージ2又は3の乳癌で再発リスクの高い者
・標準的な術前/術後化学療法、内分泌療法、又は抗HER-2治療を受けている者、若しくは受ける予定である者
・血清カルシウム又はアルブミン補正血清カルシウムが2.0 mmol/L(8.0 mg/dL)以上2.9 mmol/L(11.5 mg/dL)以下の者
-Stage II or III breast cancer at high risk of disease recurrence
-Patient is receiving or is scheduled to receive standard of care adjuvant or neoadjuvant chemotherapy and/or endocrine therapy and/or Human Epidermal Growth Factor Receptor (HER)-2 targeted therapy
-Serum calcium or albumin-adjusted serum calcium >= 2.0 mmol/L (8.0 mg/dL) and <= 2.9 mmol/L (11.5 mg/dL)
適格基準:年齢(下限)minimum age 18 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 女性 / female
除外基準exclusion criteria ・現在又は以前に遠隔転移が認められた者
・現在の診断以前に乳癌(非浸潤性乳管癌[DCIS]又は非浸潤性小葉癌[LCIS]以外)の既往を有する者
・治療を必要とする骨粗鬆症を有する者
・活動性の口腔、歯又は顎の疾患を有する者
・歯又は口腔の手術を受け、治癒していない者
・過去1年以内に経口ビスフォスフォネート製剤を使用した者
・現在又は以前にビスフォスフォネート製剤の静脈内投与を受けた者
・妊娠中又は授乳中の者
-Prior or current evidence of metastatic disease
-History of breast cancer prior to current diagnosis (other than ductal carcinoma in situ [DCIS] or lobular carcinoma in situ [LCIS]
-Osteoporosis requiring treatment
-Active oral, dental or jaw condition
-Non-healed dental or oral surgery
-Use of oral bisphosphonates within the past year
-Prior or current IV bisphosphonate administration
-Subject is pregnant or breast feeding
疾患名health condition or problem studied 乳癌患者 Breast Cancer
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 有効性 / efficacy
無骨転移生存期間
Bone metastasis-free survival
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 有効性 / efficacy
・無病生存期間
・全生存期間
・無遠隔再発生存期間
・安全性及び忍容性

Disease-free survival
Overall survival
Distant recurrence-free survival
Safety and tolerability of denosumab

試験実施施設examination facility
試験の現状study status 試験中止(恒久的) / terminated
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date 2018/03/26

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB - -
住所address of IRB - -
電話番号phone number of IRB - -
Eメールアドレスe-mail address of IRB - -
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2010/07/12

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries 第一三共株式会社 DAIICHI SANKYO Co.,Ltd.
問合せ部署名department name for contact 臨床試験情報公開窓口 Contact for Clinical Trial Information
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address dsclinicaltrial@daiichisankyo.co.jp dsclinicaltrial@daiichisankyo.co.jp
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries 第一三共株式会社 DAIICHI SANKYO Co.,Ltd.
問合せ部署名department name for contact 臨床試験情報公開窓口 Contact for Clinical Trial Information
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address dsclinicaltrial@daiichisankyo.co.jp dsclinicaltrial@daiichisankyo.co.jp

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other 主解析のための最終データ集積日は、2016年10月31日を予定。

試験実施地域 : 日本、アメリカ、ヨーロッパを含む約40カ国
試験の目的 : 治療
試験の現状 : 試験中止
関連ID名称 : ClinicalTrials.gov
関連ID番号 : NCT01077154
31-Oct-2016 as final data collection date for primary outcome measure

Region : About 40 countries including Japan, US and EU.
Objectives of the study : Treatment
Study status : Study terminated
Related ID Name : ClinicalTrials.gov
Related ID number : NCT01077154
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication 有 / presence
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results 2019/12/02
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1470204519306874?via%3Dihub
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics 本試験に登録された被験者は全例女性(100%)で、年齢中央値(最小値、最大値)は51.0(20.0、88.0)歳、大部分の被験者(86.9%)は18.0~64.0歳であった。
大部分の被験者(85.1%)は、ベースライン時にECOGのPerformance Statusが0であった。
初回乳癌診断から無作為化までの期間の中央値(最小値、最大値)は2.2ヵ月(0ヵ月、26.0ヵ月)であり、75.8%の被験者が乳癌の補助療法を受けていた。
All subjects enrolled in the study were women (100%) with a median (min, max) age of 51.0 (20.0, 88.0) years and most subjects (86.9%) between 18.0 and 64.0 years.
Most subjects (85.1%) had an ECOG performance status of 0 at baseline. The median (min, max) time from initial breast cancer diagnosis to randomization was 2.2 (0, 26.0) months and 75.8% subjects had received adjuvant treatment for breast cancer.
実際の症例数actual enrolled number 4509
試験の対象者のフローparticipant flow プラセボ群:2253例、デノスマブ群:2256例
被験者は、2010年6月2日から2012年8月24日まで、オーストラリア、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、イスラエル、北米、アジア、南米、南アフリカ、トルコの407の施設で登録された。
Placebo: 2253, Denosumab: 2256
Participants were enrolled at 407 centers in Australia, Western Europe, Eastern Europe, Israel, North America, Asia, South America, South Africa, and Turkey from 02 June 2010 to 24 August 2012.
有害事象に関するまとめadverse events プラセボ群2218例、デノスマブ群2241例を安全性解析対象集団とした。
治験薬の初回投与日から最終投与後30日の期間に発現した有害事象を、治験薬投与中に発現した有害事象と定義した。
最終解析時点において、被験者の大半(デノスマブ群の2195例(97.9%)およびプラセボ群の合計2166例(97.7%))で、治験薬投与中に発現した有害事象が1件以上認められた。
治験薬投与中に発現したグレード3以上の有害事象は、デノスマブ群の1228例(54.8%)およびプラセボ群の1162例(52.4%)で認められた。
治験薬の投与中止に至った治験薬投与中に発現した有害事象は、デノスマブ群の79例(3.5%)、プラセボ群の59例(2.7%)に認められた。
試験中止に至った治験薬投与中に発現した有害事象は、デノスマブ群の6例(0.3%)、プラセボ群の3例(0.1%)に認められた。
治験薬投与中に発現した重篤な有害事象は、デノスマブ群の702例(31.3%)、プラセボ群の675例(30.4%)に認められた。
治験薬投与中に発現した死亡に至った有害事象は、デノスマブ群の25例(1.1%)、プラセボ群の39例(1.8%)に認められた。

2218 subjects in the placebo group and 2241 subjects in the denosumab group were included in the safety analysis set.
Treatment-emergent adverse events were defined as events that occurred during the time period from the first dose date through 30 days after the last dose of investigational product. At the time of the final analysis, most subjects (2195 [97.9%] in the denosumab group and 2166 [97.7%] in the placebo group) had at least 1 treatment-emergent adverse event. Treatment-emergent grade >= 3 adverse events were reported for 1228 subjects (54.8%) in the denosumab group and 1162 subjects (52.4%) in the placebo group. Treatment-emergent adverse events leading to discontinuation of investigational product were reported for 79 subjects (3.5%) in the denosumab group and 59 subjects (2.7%) in the placebo group, and treatment-emergent adverse events leading to discontinuation from the study were reported for 6 subjects (0.3%) in the denosumab group and 3 subjects (0.1%) in the placebo group. Treatment-emergent serious adverse events were reported for 702 subjects (31.3%) in the denosumab group and 675 subjects (30.4%) in the placebo group. Treatment-emergent fatal adverse events were reported for 25 subjects (1.1%) in the denosumab group and 39 subjects (1.8%) in the placebo group.
主要評価項目の解析結果primary outcome measures 主要評価項目:無骨転移生存期間(BMFS)

主要解析時点で、プラセボ群の305例(13.5%)およびデノスマブ群の292例(12.9%)にイベント(盲検下で独立した画像中央判定または生検による骨転移、または死亡)が認められた。
治療群間のBMFSをランダム化の際に層別した因子により層別化したLog-rank検定で比較した結果、有意差は認められなかった(p = 0.70)。
ランダム化の際に層別した因子により層別化したCox比例ハザードモデルにより、ハザード比(デノスマブ/プラセボ)は0.97(95% CI: 0.82、1.14)と推定された。

Primary outcome: Bone Metastasis-free Survival (BMFS)

At the time of the primary analysis, 305 subjects (13.5%) in the placebo group and 292 subjects (12.9%) in the denosumab group had events (bone metastasis by blinded independent central imaging review or biopsy or death). The log-rank test stratified by randomization stratification factors to compare BMFS between the treatment groups was not significant (p = 0.70).
A Cox proportional hazard model stratified by randomization stratification factors provided an HR (denosumab/placebo) estimate of 0.97 (95% CI: 0.82, 1.14).

副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures 副次的評価項目:
・無病生存期間(DFS)
・無病生存期間(閉経後サブセットのDFS)
・全生存期間(OS)
・無遠隔再発生存期間(DRFS)

無病生存期間(DFS):
主要解析時点においてプラセボ群の433例(19.2%)、デノスマブ群の442例(19.6%)に疾患の再発又は死亡が認められた。
治療群間のDFSをランダム化の際に層別した因子により層別化したLog-rank検定で比較した結果、p値は0.57であった。
ランダム化の際に層別した因子により層別化したCox比例ハザードモデルにより、ハザード比(デノスマブ/プラセボ)は1.04(95% CI: 0.91、1.19)と推定された。

無病生存期間(閉経後サブセットのDFS):
プラセボ群の閉経後被験者1088例及びデノスマブ群の閉経後被験者1061例が最大の解析対象集団とされた。
このうち、主要解析時点においてプラセボ群の閉経後被験者の202例(18.6%)及びデノスマブ群の閉経後被験者の215例(20.3%)に疾患の再発又は死亡が認められた。
閉経後サブセットにおけるDFSを治療群間をランダム化の際に層別した因子により層別化したLog-rank検定で比較した結果、p値は0.26であった。
ランダム化の際に層別した因子で層別したCox比例ハザードモデルにより、ハザード比(デノスマブ/プラセボ)は1.12(95% CI: 0.92、1.36)と推定された。

全生存期間(OS):
試験終了時点での死亡は、プラセボ群の215例(9.5%)、デノスマブ群の215例(9.5%)であった。
治療群間のOSをランダム化の際に層別した因子で層別したLog-rank検定で比較した結果、p値は0.94であった。
ランダム化の際に層別した因子で層別したCox比例ハザードモデルにより、ハザード比(デノスマブ/プラセボ)は1.01(95% CI: 0.83、1.22)と推定された。

無遠隔再発生存期間(DRFS):
主要解析時点で、プラセボ群の406例(18.0%)及びデノスマブ群の422例(18.7%)にイベント(遠隔転移の初回観察または死亡)が認められた。
治療群間のDRFSをランダム化の際に層別した因子で層別したLog-rank検定で比較した結果、p値は0.41であった。
ランダム化の際に層別した因子で層別したCox比例ハザードモデルにより、ハザード比(デノスマブ/プラセボ)は1.06(95% CI: 0.92、1.21)と推定された。

Secondary Outcome:
-Disease-free Survival (DFS)
-DFS in the Postmenopausal Subset
-Overall Survival (OS)
-Distant Recurrence-free Survival (DRFS)

Disease-free Survival (DFS):
At the time of the primary analysis, a total of 433 subjects (19.2%) in the placebo group and 442 subjects (19.6%) in the denosumab group had disease recurrence or death.
The log-rank test stratified by randomization stratification factors to compare DFS between the treatment groups provided a descriptive p value of 0.57.
A Cox proportional hazard model stratified by randomization stratification factors provided an HR (denosumab/placebo) estimate of 1.04 (95% CI: 0.91, 1.19).

DFS in the Postmenopausal Subset:
In total, 1088 postmenopausal subjects in the placebo group and 1061 postmenopausal subjects in the denosumab group were included in the full analysis set.
Of these, at the time of the primary analysis, 202 postmenopausal subjects (18.6%) in the placebo group and 215 postmenopausal subjects (20.3%) in the denosumab group had disease recurrence or death.
The log-rank test stratified by randomization stratification factors to compare DFS in postmenopausal subset between the treatment groups provided a descriptive p value of 0.26.
A Cox proportional hazard model stratified by randomization stratification factors provided an HR (denosumab/placebo) estimate of 1.12 (95% CI: 0.92, 1.36).

Overall Survival (OS):
At the end of the study, 215 (9.5%) subjects died in each treatment group. The log-rank test stratified by randomization stratification factors to compare OS between the treatment groups provided a descriptive p value of 0.94. A Cox proportional hazard model stratified by randomization stratification factors provided an HR (denosumab/placebo) estimate of 1.01 (95% CI: 0.83, 1.22).

Distant Recurrence-free Survival (DRFS):
At the time of the primary analysis, 406 subjects (18.0%) in the placebo group and 422 subjects (18.7%) in the denosumab group had events (first observation of distant metastases or death).
The log-rank test stratified by randomization stratification factors to compare DRFS between the treatment groups provided a descriptive p value of 0.41.
A Cox proportional hazard model stratified by randomization stratification factors provided an HR (denosumab/placebo) estimate of 1.06 (95% CI: 0.92, 1.21).

簡潔な要約brief summary 有効性の主要評価項目であるBMFSについて、デノスマブ群とプラセボ群との間に有意差は認められなかった。
有効性の副次評価項目であるDFS、閉経後サブセットのDFS、OS及びDRFSについて、デノスマブ群とプラセボ群との間に有意差は認められなかった。
治験薬投与中に発現した有害事象、grade 3以上の有害事象、重篤な有害事象、治験薬の投与中止に至った有害事象、試験中止に至った有害事象及び死亡に至った有害事象の被験者発生率は、デノスマブ群とプラセボ群で同程度であった。
No significant difference was observed between the denosumab and placebo groups for the primary efficacy endpoint of BMFS and the secondary efficacy endpoints of DFS, DFS in the postmenopausal subset, OS, and DRFS.
The subject incidence of treatment-emergent adverse events, grade >= 3 adverse events, serious adverse events, adverse events leading to discontinuation of investigational product or study, and fatal adverse events were similar between the denosumab and placebo groups.
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s) https://clinicaltrials.gov/ProvidedDocs/54/NCT01077154/Prot_000.pdf
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:Amendment 4
date:2016/10/17
利用規約