更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2022/03/30
最新掲載日last update posted date 2022/03/31
初回登録日first registered date 2013/10/30
初回掲載日first posted date 2013/10/31
結果概要初回登録日first registered date for the result 2022/03/30
結果概要初回掲載日first posted date for the result 2022/03/31
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2022/03/31 改訂 / revised
2021/05/17 改訂 / revised
2020/06/30 改訂 / revised
2018/12/17 JAPICによる結合情報 / merged information by JAPIC 2019/06/12
2018/06/13 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2018/06/13 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2015/10/29 改訂 概要(英語) / revised summary (EN) 2017/12/18, 2016/11/11
2015/10/29 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA) 2017/12/18, 2016/11/11
2015/08/27 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2015/08/27 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2014/11/07 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2014/11/07 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2014/09/18 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2014/09/18 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2013/12/26 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2013/12/26 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2013/10/30 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2013/10/30 新規作成 概要(日本語) / initial created summary (JA)

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-132316
他の登録機関other registries 無 / absence
IPD共有に関する計画plan to share IPD 有 / yes
IPD共有に関する計画の詳細plan description 中外製薬は、社外の研究者が、研究目的で、当社が実施した患者さんを対象とする臨床試験データへアクセスできる環境を提供します(www.clinicalstudydatarequest.com)。当社の臨床試験データの共有に関するポリシーの詳細はこちらです(https://www.chugai-pharm.co.jp/profile/rd/ctds_request.html)。 Qualified researchers may request access to individual patient level data through the clinical study data request platform (www.clinicalstudydatarequest.com). For further details on Chugai's Data Sharing Policy and how to request access to related clinical study documents, see here (www.chugai-pharm.co.jp/english/profile/rd/ctds_request.html).

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title ALK 融合遺伝子陽性進行・再発非小細胞肺癌を対象としたクリゾチニブとCH5424802(AF802)の有効性及び安全性を比較する非盲検ランダム化第III相試験 Open-label randomized PhaseIII Study of the Efficacy and Safety of CH5424802(AF802) in ALK-Positive Advanced or Recurrent Non-Small Cell Lung Cancer with Crizotinib control
簡易な試験の名称public title J-ALEX試験 J-ALEX study

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. CH5424802(AF802) CH5424802(AF802)
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material alectinib
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 1回300 mg 1日2回経口投与 300mg b.i.d. (PO)
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material クリゾチニブ Crizotinib
薬剤:対照薬剤INNINN of control material Crizotinib
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material 1回250 mg 1日2回経口投与 250mg b.i.d. (PO)

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ3 / phase3
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2013/11/18
予定試験期間expected duration of study 2013/11/01 ~ 2020/12/31
目標症例数target sample size 200
試験の概要brief summary 化学療法未施行若しくは化学療法が1レジメン施行されたALK 融合遺伝子陽性進行・再発非小細胞肺癌患者を対象にクリゾチニブ単独療法を対照群として,CH5424802(アレクチニブ)単独療法の優越性を検証する。 To demonstrate superiority in progression-free survival (PFS) with CH5424802(Alectinib) compared with Crizotinib in previously untreated patients or patients received one line of chemotherapy, based on independent review facility(IRF)
試験のデザインstudy design 多施設共同オープン試験 Randomized, controlled, multicenter, open-labeled, phaseIII trial
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
適格基準inclusion criteria 1) ECOG PS0-2
2) 組織診又は細胞診により非小細胞肺癌であると確認されている
3) 根治的放射線治療が不可能な臨床病期IIIB期,IV期又は術後再発の非小細胞肺癌
4) 中央測定機関にて,IHC(*1)及びFISH(*2),もしくは,RT-PCRでALK融合遺伝子陽性が確認されている
5) 化学療法未施行若しくは化学療法が1レジメン施行されている
6) RECIST v1.1に基づく測定可能病変を少なくとも1つ有する

*1 ヒストファインiAEP キット使用
*2 Vysis ALK Break Apart FISH プローブキット使用
※中央測定機関にてIHC,FISHの検査結果がある場合は代用可
1) ECOG PS 0-2
2) Histologically or cytologically confirmed NSCLC
3) Stage IIIB/IV or recurrence
4) ALK-positive confirmed by central IHC(*1)+FISH(*2) or central RT-PCR
5) Previously untreated patients or patients received one chemotherapy
6) At least one measurable lesion under
RECIST Version 1.1

*1 Using Histofine iAEP kit
*2 Using Vysis ALK Break Apart FISH
*IHC and/or FISH test result of the central test organization can be used instead.
適格基準:年齢(下限)minimum age 20 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria 1) ALK阻害剤の投与歴を有する
2) 髄膜転移,症状を伴う又は治療を要する脳転移を有する
3) 治療を要する胸水,腹水又は心嚢水を有する
4) 間質性肺疾患を合併している,又はその既往を有する
5) 無病期間が5年未満の重複癌を有する
6) 妊婦,授乳婦又は妊娠検査陽性が確認されている
1) Prior treatment with ALK inhibitors
2) Meningeal metastases or brain metastases that are symptomatic or requiring treatment
3) Pleural effusion, ascites or pericardial effusion requiring treatment
4) Concurrent or historic radiographically evident interstitial lung disease
5) Multiple cancers with a disease-free interval of less than five years
6) Pregnant or lactating women
疾患名health condition or problem studied 非小細胞肺癌 Non-small cell lung cancer
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 有効性 / efficacy
RECIST v1.1に従い,独立判定機関(IRF)による判定 Measured by RECIST v1.1
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
薬物動態 / pharmacokinetics
その他 / other
EORTC QLQ-C30
及びQLQ-LC13に基づくQOL スコア
EORTC QLQ-C30, QLQ-LC13
試験実施施設examination facility 実施医療機関44施設,ALK診断中央測定機関(株式会社LSIメディエンス,株式会社エスアールエル) No. of facilities : 44, ALK central test organization: LSI medience Corporation, SRL Inc.
試験の現状study status 試験完了 / completed
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date 2021/04/22

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB - -
住所address of IRB - -
電話番号phone number of IRB - -
Eメールアドレスe-mail address of IRB - -
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2013/10/15

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries 中外製薬株式会社 Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
問合せ部署名department name for contact 臨床試験窓口 Clinical trials information
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address clinical-trials@chugai-pharm.co.jp clinical-trials@chugai-pharm.co.jp
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries 中外製薬株式会社 Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
問合せ部署名department name for contact 臨床試験窓口 Clinical trials information
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address clinical-trials@chugai-pharm.co.jp clinical-trials@chugai-pharm.co.jp

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name JO28928 JO28928
その他other 製造販売後臨床試験 Post marketing clinical trial
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication 有 / presence
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results 2017/05/10
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications https://www.thelancet.com/action/showPdf?pii=S0140-6736%2817%2930565-2
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics 患者背景はアレクチニブ群,クリゾチニブ群両群でバランスがとれていた。年齢の中央値はそれぞれ61.0歳及び59.5歳,男性の割合はそれぞれ40%及び39%であった。唯一の例外はベースライン時の独立評価機関(IRF)判定の脳転移を有する患者の割合で,クリゾチニブ群(28%)の方がアレクチニブ群(14%)より高かった。 Patient characteristics were balanced between the alectinib group and the crizotinib group: median age, 61.0 years vs. 59.5 years; male, 40% vs. 39%. The only exception was the proportion of patients with Independent Review Facility (IRF) assessed brain metastases at baseline which was higher in the crizotinib group (28%) than in the alectinib group (14%).
実際の症例数actual enrolled number 207
試験の対象者のフローparticipant flow 2013年11月~2015年8月までに,207例の患者が登録され,アレクチニブ群(n=103),又はクリゾチニブ群(n=104)に無作為に割り付けられた。 Between November 2013 and August 2015, 207 patients were enrolled and randomly assigned to receive alectinib (n=103) or crizotinib (n=104).
有害事象に関するまとめadverse events 第2回目の中間解析(データカットオフ:2015年12月3日)において,クリゾチニブ群において20%以上発現のみられた有害事象は悪心(74%),下痢(73%),嘔吐(58%),視覚障害(55%),味覚障害(52%),便秘(44%),アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(32%),アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(31%),鼻咽頭炎(23%),発熱(20%)及び食欲減退(20%)であった。アレクチニブ群で20%以上発現のみられた有害事象は便秘(35%)及び鼻咽頭炎(20%)の2事象のみであった。Grade 3以上の有害事象の発現割合はクリゾチニブ群(52%)がアレクチニブ群(26%)より高かった。有害事象による投与中止はクリゾチニブ群(20%)の方がアレクチニブ群(9%)より高かった。死亡に至る有害事象はみられなかった。 At the second interim analysis (data cutoff date Dec 3, 2015), all grade adverse events occurring at a frequency of more than 20% with crizotinib were nausea (74%), diarrhoea (73%), vomiting (58%), visual disturbances (55%), dysgeusia (52%), constipation (44%), alanine aminotransferase increase (32%), aspartate aminotransferase increase (31%), nasopharyngitis (23%), pyrexia (20%) and decreased appetite (20%). Only two all-grade adverse events were reported at a frequency of more than 20% in the alectinib group, namely constipation (35%) and nasopharyngitis (20%). The total number of patients with at least one grade 3 or 4 was higher in the crizotinib group (52%) than in the alectinib group (26%). Study drug discontinuation due to adverse events were more frequent with crizotinib (20%) than alectinib (9%). No adverse events with a fetal outcome occurred.
主要評価項目の解析結果primary outcome measures 第2回目の中間解析(データカットオフ:2015年12月3日)において,主要評価項目である,IRFに評価された無増悪生存期間(PFS)でクリゾチニブ群との非劣性が示された(HRの信頼区間の上限は事前に定義された非劣性マージン1.2であった)。さらに,アレクチニブの優越性が示された(HR 0.34 [99.7% 信頼区間 0.17-0.71], 層別ログランク検定 (p<0.0001))。 The study met its primary endpoint of showing non-inferiority of alectinib in the IRF-assessed progression-free survival (PFS), at the second preplanned interim analysis (Dec 3, 2015), compared with crizotinib (the upper confidence limit of HR was lower than pre-defined non-inferiority margin 1.2). Moreover, superiority of alectinib was also shown following the prespecified fixed sequence testing procedure; Median PFS was significantly improved with alectinib (not estimable) compared with crizotinib (10.2 months [8.2-12.0]; HR 0.34 [99.7% CI 0.17-0.71]; stratified long rank test (p<0.0001).
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures 治験責任(分担)医師評価によるPFSは主要解析と同様の結果を示した。全生存期間は両群で9イベントのみ報告されていた(クリゾチニブ群で2%,アレクチニブ群で 7%)。IRFにより評価された客観奏効はアレクチニブ群(92%,95%信頼区間: 85.6-97.5) の方がクリゾチニブ群(79%, 95%信頼区間:70.5-87.3)より高かった。奏効までの時間はアレクチニブ群及びクリゾチニブ群のいずれも短く,ほとんどの患者で1カ月以内に奏効を示した。治験責任(分担)医師評価による客観奏効もアレクチニブ群(85%,95% 信頼区間:78.6-92.3)の方がクリゾチニブ群(70% ,95%信頼区間:61.4-79.0)よりも良い傾向であった。IRF評価による奏効期間もクリゾチニブ群よりアレクチニブ群のほうが長かった(HR 0.32, 95% 信頼区間:0.17-0.60)。ベースライン時に脳転移病変を有する被験者の脳転移病変増悪までの期間のHRは0.16 (0.02-1.28),ベースライン時に脳転移病変を有しない被験者の脳転移発現までの期間のHRは0.41 (0.17-1.01).であった。 Investigator-assessed PFS showed similar results to the primary analysis. Overall survival data in both groups were immature with only nine events reported (2% in the crizotinib group and 7% in the alectinib group). Objective response as assessed by the IRF was greater with alectinib (92%,95%CI: 85.6-97.5) than with crizotinib (79%, 95%CI:70.5-87.3). Time to response with alectinib and crizotinib was short, and most patients had responded within 1 month. Objective response assessed by the investigators also favoured alectinib at 85% (95% CI:78.6-92.3) compared with 70% (95%CI:61.4-79.0) in the crizotinib group. According to the IRF, duration of response was longer with alectinib than with crizotinib (HR 0.32, 95% CI:0.17-0.60). The HR for the time to progression of brain metastatic lesion or death for patients with brain metastatic lesions at baseline was 0.16 (0.02-1.28) and HR for the time to onset of brain metastatic lesion or death for patients without brain metastatic lesions at baseline was 0.41 (0.17-1.01).
簡潔な要約brief summary J-ALEX試験は化学療法未治療,若しくは1レジメン治療された,ALK阻害剤未治療のALK融合遺伝子陽性非小細胞肺癌患者において,アレクチニブはクリゾチニブに対しPFSで優越性,並びに良好な安全性プロファイルを示した。 J-ALEX study demonstrated the superiority of alectinib over crizotinib in PFS with favorable safety profile in ALK inhibitor-naive patients with ALK positive non-small-cell lung cancer who were chemotherapy naive or had received one previous line of chemotherapy.
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約