更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2022/08/05
最新掲載日last update posted date 2022/08/08
初回登録日first registered date 2017/07/14
初回掲載日first posted date 2017/08/23
結果概要初回登録日first registered date for the result 2022/08/05
結果概要初回掲載日first posted date for the result 2022/08/08
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2022/08/08 改訂 / revised
2022/06/24 改訂 / revised
2022/06/09 改訂 / revised
2020/10/14 改訂 / revised 2021/10/11
2019/07/16 改訂 / revised
2018/12/17 JAPICによる結合情報 / merged information by JAPIC
2017/07/14 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2017/07/14 新規作成 概要(日本語) / initial created summary (JA)

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-173646
他の登録機関other registries 無 / absence
IPD共有に関する計画plan to share IPD 有 / yes
IPD共有に関する計画の詳細plan description https://www.ono.co.jp/jpnw/rd/policy.html https://www.ono.co.jp/eng/rd/policy.html

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫(PCNSL)に対する多施設共同非盲検非対照試験(ONO-4059-02) An open-label, multi-Center, uncontrolled phase I/II study in patients with relapsed/refractory Primary Central Nervous System Lymphoma (PCNSL)(ONO-4059-02)
簡易な試験の名称public title ONO-4059 第1/2相試験(ONO-4059-02) Phase I/II Study of ONO-4059(ONO-4059-02)

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. ONO-4059 ONO-4059
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material Tirabrutinib
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 経口投与 Oral administration
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material - -
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material - -

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ1・2 / phase1・2
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2017/10/31
予定試験期間expected duration of study 2017/07/01 ~ 2022/06/01
目標症例数target sample size 41
試験の概要brief summary 再発又は難治性のPCNSLを対象にONO-4059を経口投与したときの忍容性,薬物動態,有効性及び安全性を検討する. To investigate the tolerability, pharmacokinetics, efficacy, and safety of ONO-4059 given as monotherapy to patients with relapsed/refractory PCNSL.
試験のデザインstudy design 非盲検試験 An open-label study
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
適格基準inclusion criteria 1. 前治療歴が1回以上の再発又は難治性のPCNSL患者
2. 3カ月以上の生存が期待される患者
1. Patients with relapsed or refractory PCNSL previously treated once or more
2. Life expectancy >= 3 months at enrollment
適格基準:年齢(下限)minimum age 20 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria 1. PCNSL以外の悪性腫瘍の病歴のある患者
2. 過去に重篤なアレルギー又はアナフィラキシーの病歴のある患者
1. Patients with history of malignancy other than PCNSL
2. Patients with history of serious allergies or anaphylaxis
疾患名health condition or problem studied 再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫 Relapsed/refractory PCNSL
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
薬物動態 / pharmacokinetics
忍容性,薬物動態,有効性及び安全性
Tolerability, pharmacokinetics, efficacy, and safety
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 有効性 / efficacy
奏効期間,無増悪生存期間及び全生存期間など
Duration of response, progression-free survival, and overall survival etc.
試験実施施設examination facility
試験の現状study status 試験完了 / completed
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date 2020/12/17

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB 公益財団法人がん研究会有明病院 治験倫理審査委員会 The IRB of The Cancer Institute Hospital of the JFCR
住所address of IRB 東京都江東区有明3-8-31 3-8-31, Ariake, Koto, Tokyo, Japan
電話番号phone number of IRB
Eメールアドレスe-mail address of IRB
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2017/08/17

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries 小野薬品工業株式会社 ONO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.
問合せ部署名department name for contact くすり相談室 Medical Information Center
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number 0120-626-190(受付時間:土・日・祝日を除く9:00−17:00)
連絡先Eメールアドレスe-mail address clinical_trial@ono.co.jp clinical_trial@ono.co.jp
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries 小野薬品工業株式会社 ONO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.
問合せ部署名department name for contact 開発本部 Development Headquarters
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address clinical_trial@ono.co.jp clinical_trial@ono.co.jp

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other ONO-4059-02
ONO-4059-02
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication 有 / presence
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results 2019/11/13
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications https://doi.org/10.1182/blood-2019-123362
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics 再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫(PCNSL)患者が登録された。主な組み入れ基準を以下に示す:(1) 20歳以上、(2) 病理組織学的なPCNSLの診断、(3) 再発又は難治性のPCNSL、(4) 1回以上の前治療歴、及び(5) 最長径が1.0 cm超の脳病変。 Patients with Relapsed/Refractory Primary Central Nervous System Lymphoma (PCNSL) were enrolled. Key inclusion criteria were (1) age >= 20 years; (2) histopathological diagnosis of PCNSL; (3) disease relapse or refractory status; (4) at least one prior therapy; and (5) a cerebral lesion of >1.0 cm (longest diameter).
実際の症例数actual enrolled number 44
試験の対象者のフローparticipant flow 本試験は第1相パート及び第2相パートで構成された。第1相パートでは、被験者にチラブルチニブを320 mg、1日1回(QD)(3名)又は480 mg QD(3名)で投与し、投与期間は28日間1サイクル(用量制限毒性[DLT]評価期間)とした。本期間中、DLTは認められず、480 mgは最大耐用量(MTD)に達しなかったため、第2相パートの推奨用量を480 mg QDとした。第2相パートでは、480 mgが投与された被験者4名中3名でGrade 3の皮膚関連障害が認められたため、残り17名の用量を480 mg QDから320 mg QDに減量した。320 mg QDでは480 mg QDに比べ治療反応が低く、治療反応期間も短かったため、新たに17名の被験者を登録し、空腹時にチラブルチニブを480 mg QDで投与した。
被験者登録数の要約を以下に示す:320 mg QD群に20名(第1相パート:3名、第2相パート:17名)、480 mg QD群に7名(第1相パート:3名、第2相パート:4名)、及び空腹時480 mg QD群に17名(第2相パート:17名)。
This study consisted of the phase 1 and the phase 2 parts. In the phase 1 part, patients received tirabrutinib at 320 mg once daily (QD) (n = 3) or at 480 mg QD (n = 3) for one 28-day cycle (dose-limiting toxicity [DLT] evaluation period). In this period, no DLTs were observed, and the maximum tolerated dose (MTD) was not reached up to 480 mg; accordingly, the recommended dose for the phase 2 part was 480 mg QD. In the phase 2 part, three of four patients treated with 480 mg had Grade 3 skin-related disorders, and therefore, the dose was reduced from 480 mg QD to 320 mg QD for rest of 17 patients. Since the treatment response and its duration at 320 mg QD were lower than at 480 mg QD, 17 additional patients were recruited and received 480 mg QD in fasted conditions.
The following is a summary of the enrollment: 20 patients (3 in the phase 1 part and 17 in the phase 2 part) at 320 mg QD; 7 patients (3 in the phase 1 part and 4 in the phase 2 part) at 480 mg QD; and 17 patients (17 in the phase 2 part) at 480 mg QD in fasted conditions.
有害事象に関するまとめadverse events 480 mg QD群の1名で治験薬投与後32日にGrade 5の有害事象が2件(ニューモシスチス・イロベチイ肺炎及び間質性肺疾患)認められた。
全体で、皮膚に関連した有害事象の発現割合は54.5%であり、その内訳は、発疹(31.8%)、多形紅斑(11.4%)、薬疹(9.1%)、斑状丘疹状皮疹(6.8%)及び水疱(2.3%)であった。これらの事象は、治験薬投与の中断後又は抗ヒスタミン剤若しくはステロイド剤による治療後に回復し、被験者は薬疹が認められた2名を除き、チラブルチニブ投与を継続した。
Two Grade 5 adverse events (Pneumocystis jirovecii pneumonia and interstitial lung disease) occurred in one patient 32 days after starting tirabrutinib at 480 mg QD.
The overall incidence rate of skin-related disorders was 54.5%, and included rash (31.8%), erythema multiforme (11.4%), drug eruption (9.1%), rash maculo-papular (6.8%), and blister (2.3%). These adverse events recovered after treatment interruption or treatment with anti-histamine and steroids, and patients could continue tirabrutinib, except in two patients with drug eruption.
主要評価項目の解析結果primary outcome measures 中央機関の判定による全奏効率(ORR)は全体で63.6%、320 mg QD群で60.0%、480 mg QD群で100.0%、空腹時480 mg QD群で52.9%であった。遺伝子変異(CARD11、MYD88又はCD79B)を有する被験者のORRは野生型遺伝子を有する被験者と比べ同程度であった。 The centrally assessed overall response rate (ORR) was 63.6% overall, 60.0% at 320 mg QD, 100.0% at 480 mg QD, and 52.9% at 480 mg QD in fasted conditions. The ORR in patients with genetic mutation (CARD11, MYD88, or CD79B) was similar to that in patients with wild-type genes.
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures 無増悪生存期間(PFS)の中央値は、全体で2.9ヵ月(95%信頼区間[CI]:1.8 - 11.1)、320 mg QD群で2.1ヵ月(95% CI:1.8 - 評価不能)、480 mg QD群で11.1ヵ月(95% CI:1.4 - 評価不能)、空腹時480 mg QD群で5.8ヵ月(95% CI:1.0 - 5.8)であった。 Overall, median progression-free survival (PFS) was 2.9 months (95% confidence interval [CI]: 1.8 - 11.1). The median PFS was 2.1 months (95% CI: 1.8 - not evaluable) at 320 mg QD, 11.1 months (95% CI: 1.4 - not evaluable) at 480 mg QD, and 5.8 months (95% CI: 1.0 - 5.8) at 480 mg QD in fasted conditions.
簡潔な要約brief summary (1) 第1相パートではMTDに達しなかったため、第2相パートの推奨用量は480 mg QDとなった。
(2) 再発又は難治性のPCNSL被験者に対するチラブルチニブの安全性プロファイルは管理可能であった。
(3) 中央機関の判定によるORRは、CARD11変異を有する被験者が多かったにもかかわらず、63.6%であった。
(4) PFSの中央値は、480 mg QD群及び空腹時480 mg QD群の方が320 mg QD群よりも長かった。
(1) The MTD was not reached in the phase 1 part and the recommended dose for the phase 2 part was 480 mg QD.
(2) Tirabrutinib had a manageable safety profile in patients with relapsed/refractory PCNSL.
(3) The centrally assessed ORR was 63.6%, despite many patients harboring CARD11 mutations.
(4) The median PFS at 480 mg QD and 480 mg QD in fasted conditions are longer than that at 320 mg QD.
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約