更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2021/11/30
最新掲載日last update posted date 2021/12/08
初回登録日first registered date 2018/04/10
初回掲載日first posted date 2018/04/13
結果概要初回登録日first registered date for the result
結果概要初回掲載日first posted date for the result
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2021/12/08 改訂 / revised
2018/04/10 新規作成 概要(日本語) / initial created summary (JA) 2021/03/22

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-183921
他の登録機関other registries 有 / presence
他の登録機関
他の登録機関の名称name of other registries ClinicalTrials.gov
他の登録機関でのID番号secondary ID no. NCT03207867
IPD共有に関する計画plan to share IPD 無 / no
IPD共有に関する計画の詳細plan description

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 選択した進行固形がん及び非ホジキンリンパ腫の患者を対象としたPDR001との併用でNIR178を検討する第II相多施設共同オープンラベル試験
簡易な試験の名称public title 選択した固形がん及び非ホジキンリンパ腫の患者を対象としたNIR178とPDR001併用の有効性及び安全性を検討する試験

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. NIR178
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material -
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 経口カプセル剤 40mg,80mg及び/又は160mg パート1:1日2回の連続投与、パート2:無作為化に従った1日2回の連続又は間欠投与、パート3:パート2の結果に基づく1日2回の間欠投与
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. PDR001
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material -
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 点滴用粉末製剤 100mg 4週に1回投与
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material -
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material -

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ2 / phase2
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2018/03/06
予定試験期間expected duration of study 2017/11/01 ~ 2022/03/31
目標症例数target sample size 16
試験の概要brief summary 複数の種類の固形がん及びびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者を対象として,PDR001と併用したときのNIR178の有効性及び安全性を検討するとともに,A2aRの阻害を介した免疫活性化を最適化するためにNIR178のさまざまな投与スケジュールを探索的に検討することである。 The purpose of this phase II study is to evaluate the efficacy and safety of NIR178 in combination with PDR001 in multiple solid tumors and diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL) and further explore schedule variations of NIR178 to optimize immune activation through inhibition of A2aR.
試験のデザインstudy design 本治験は,非小細胞肺癌(NSCLC)や他の固形がん及びびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者を対象としてNIR178とPDR001の併用を検討する第II相多施設共同オープンラベル試験である。
本治験には3つのパート,すなわち,固形がん及びびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者を対象として,ベイズ流の適応的なシグナル検出型(signal finding)デザインを適用するパート1,NSCLCを対象としてNIR178の投与スケジュールを探索的に検討するパート2,並びにパート2でNIR178の間欠的投与スケジュールのさらなる検討が正当化された場合に,さらなるがん種を対象として,PDR001と併用する場合のNIR178の間欠的投与スケジュールをさらに検討するパート3が設定されている。
This is a multi-center, open label, phase II study to evaluate efficacy of the NIR178 and PDR001 combination in NSCLC, other solid tumors, and diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL).
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
アジア(日本以外) / Asia except Japan
北米 / North America
欧州 / Europe
オセアニア / Oceania
適格基準inclusion criteria 18歳以上の男女。
進行又は転移性の固形がん又はリンパ腫であることが組織学的に確認されている。
パート1:腎細胞癌(RCC),膵癌,尿路上皮癌,頭頸部癌,びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL),マイクロサテライト安定性(MSS)大腸癌,トリプルネガティブ乳癌(TNBC)又は黒色腫であることが組織学的に確認されている。
パート2:進行/転移性NSCLCの診断が組織学的に確認されている。組織型が混合型の場合は,優位な組織型がなければならない。
パート3:進行/転移性NSCLC及び本治験のパート1で得られたデータに基づいて追加された1つのがん腫の診断が組織学的に確認されている。
日本人患者を対象とするSafety run-inパートでは,パート1及びパート2のすべてのがん腫を登録することができる。
生検に適した病変部位があり,実施医療機関のガイドラインに従って腫瘍生検の適応となる(日本人Safety run-inパートに参加している患者は除く)。腫瘍生検をスクリーニング時に新たに受け,さらに本治験の投与中にも再度受ける意思がある。なお,以下の条件に該当する(両方とも満たしている)場合は,最近採取された検体を使用することができる:
治験薬初回投与前6ヵ月以内に生検が実施され,実施医療機関にてその検体を入手できる。
生検が実施されてから免疫療法を受けていない。
パート1~3のみ:対象疾患に対して1~3レジメンの前治療歴がある(DLBCL以外)。具体例を以下に示すが,患者にとって不適切(安全性上の懸念,禁忌等)と判断される場合は例外とする。
NSCLC患者は,プラチナ製剤併用化学療法の前治療歴がなければならない
T790M変異を有するEGFR陽性のNSCLC患者は,オシメルチニブで進行となったか毒性により投与を中止していなければならない
頭頚部癌患者は,プラチナ製剤併用化学療法の前治療歴がなければならない
膀胱癌患者は,プラチナ製剤併用化学療法の前治療歴があるか,シスプラチン治療に不適格でなければならない
腎細胞癌患者は,VEGFチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の前治療歴がなければならない
マイクロサテライト安定性(MSS)大腸癌患者は,フルオロピリミジン系,オキサリプラチン又はイリノテカンをベースとする多剤併用療法の前治療歴がなければならない(又はこの治療に耐えられない状態でなければならない)
トリプルネガティブ乳癌患者は,タキサン系薬剤を含むレジメンによる前治療歴がなければならない
DLBCL患者は,臨床効果が証明された利用可能な治療法がない患者に限定すること
自家造血幹細胞移植(自家HSCT)の施行歴があるか,自家HSCTに不適格であることが確認されていなければならない
免疫療法の施行歴(免疫チェックポイント阻害薬の投与歴:抗CTLA-4,抗PD-1又は抗PD-L1抗体の単剤又は併用投与)がない。
測定可能病変を有している。
Male or female patients over 18 years of age.
For Japan only: written consent is necessary both from the patient and his/her legal representative if he/she is under the age of 20 years.
Histologically documented advanced or metastatic solid tumors or lymphomas
Part 1: histologically confirmed renal cell carcinoma (RCC), pancreatic cancer, urothelial cancer, head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC), diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL), microsatellite stable colorectal cancer (MSS CRC), triple negative breast cancer (TNBC), cutaneous melanoma or mCRPC
The study has three parts: Part 1: Multi-arm Bayesian adaptive signal finding design in solid tumors and diffuse large B cell lymphoma (DLBCL); Part 2: NIR178 schedule exploration in NSCLC; Part 3: Further evaluation of intermittent dosing schedules of NIR178 in combination with PDR001 in additional tumor types, if Part 2 identifies an intermittent dosing schedule of NIR178 as warranting further exploration.
In addition, a separate safety run-in part will be conducted for patients in Japan in order to evaluate safety and pharmacokinetics of NIR178 as a single agent and NIR178 in combination with PDR001 prior to their participation in different parts of this phase II study, as recommended by the Japanese Health Authority. This Japanese safety run-in part will enroll separately from the phase II study in the rest of the world (RoW).
Part 2: histologically confirmed diagnosis of advanced/metastatic NSCLC. For those with mixed histology, there must be a predominant histology
Part 3: histologically confirmed diagnosis of selected advanced/metastatic malignancies. Based on emerging data from Part 1, Part 2 and latest scientific literature along with discussion between Novartis and study investigators, one or two tumor groups will be further explored in Part 3.
Patients must have measurable disease, defined as at least one lesion that can be accurately measured in at least one dimension
適格基準:年齢(下限)minimum age 18 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria A2aR阻害薬による治療を受けているか,A2aR阻害薬による治療歴がある患者。腫瘍以外の疾患(パーキンソン病等)に対するA2aR阻害薬による治療歴がある場合は,ケースバイケースで登録の可否を検討する。
治験薬初回投与前2週間以内に全身性の抗がん療法を受けた患者。重大な遅発毒性を有する細胞傷害性薬(マイトマイシンC,ニトロソウレア系等)では,6週間のウォッシュアウト期間が必要である。また,がんに対する免疫療法を受けている患者では,4週間のウォッシュアウト期間が必要である。mCRPC患者では,テストステロン値を有効な抑制レベルで維持するためのゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)療法が許容される。
免疫抑制薬を現在使用しているか,PDR001初回投与前28日以内に免疫抑制薬の使用歴がある患者。ただし,ステロイドの鼻腔内投与/吸入又は生理的用量(プレドニゾン換算で10 mg/day以下)での全身投与は除く。
間質性肺疾患又は非感染性肺臓炎の既往がある患者
別の原発性悪性腫瘍の既往がある患者。
活動性の自己免疫疾患を有するか,過去2年以内の自己免疫疾患の既往が確認されている患者。全身療法(過去2年以内)を必要としない尋常性白斑,グレーブス病又は乾癬を有する患者は除外しない。
2又は3レジメンを超える前治療歴(各がん種に対しては上記のとおり)がある患者。ただし,日本人Safety run-inパートは除く。

Ongoing or prior treatment with A2aR inhibitors. Patients previously treated with A2aR inhibitors for non-oncologic indications (e.g. Parkinsons disease) may be considered for enrollment on a case by case basis.
Systemic anti-cancer therapy within 2 weeks of the first dose of study treatment. For cytotoxic agents that have major delayed toxicity, e.g. mitomycin C and nitrosoureas, 6 weeks is indicated as washout period. For patients receiving anticancer immunotherapies, 4 weeks is indicated as the washout period. Gonadotropin-releasing hormone (GnRH) therapy to maintain effective testosterone suppression levels is allowed for mCRPC patients.
Current or prior use of immunosuppressive medication within 28 days before the first dose of PDR001, with the exception of intranasal/inhaled corticosteroids or systemic corticosteroids at physiological doses (not exceeding equivalent of 10 mg/day of prednisone)
History of interstitial lung disease or non-infectious pneumonitis
History of another primary malignancy except
Active or prior documented autoimmune disease within the past 2 years. Patients with vitiligo, Graves disease, or psoriasis not requiring systemic treatment (within the past 2 years) are not excluded.
More than 2 or 3 prior lines of therapy (as indicated above for each tumor group), except for Japanese safety run-in part.
疾患名health condition or problem studied 進行固形がん(NSCLC、RCC、膵がん、尿路上皮がん、頭頚部がん、大腸がん〔MSS〕、TNBC、黒色腫)及びびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
パート1:選択した進行固形がん及びびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者を対象としてNIR178とPDR001の併用の有効性を検討する
パート2:NSCLCを対象としてPDR001との併用で複数の間欠的投与スケジュールでNIR178を投与したときの有効性を検討する
パート3:パート1及びパート2から選択した,1つ又は2つの腫瘍群における最も有用な投与スケジュールでのNIR178の有効性をさらに検討する。これらの腫瘍群はパート1及びパート2で得られたデータに基づいて選択する。
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
薬物動態 / pharmacokinetics
薬力学 / pharmacodynamics
選択した進行固形がん及びリンパ腫の患者を対象としてNIR178とPDR001併用の有効性を検討する
NIR178とPDR001の併用の安全性及び忍容性を検討する
腫瘍への免疫細胞浸潤の変化を検討する
併用投与したときのNIR178及びその代謝物NJI765並びにPDR001のPKを検討する
PDR001の免疫原性を検討する
日本人Safety run-inパート:日本人患者を対象としてNIR178の単剤投与及びPDR001との併用投与の安全性及びPKプロファイルを評価する
試験実施施設examination facility がん研有明病院
試験の現状study status 実施中 / progressing
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB がん研究会有明病院 治験倫理審査委員会
住所address of IRB 東京都江東区有明3-8-31
電話番号phone number of IRB 03-3520-0111 (大代表)
Eメールアドレスe-mail address of IRB -
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2018/01/22

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries ノバルティスファーマ株式会社
問合せ部署名department name for contact ノバルティスダイレクト
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number 0120-003-293
連絡先Eメールアドレスe-mail address
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries ノバルティスファーマ株式会社
問合せ部署名department name for contact ノバルティスダイレクト
連絡先住所address -
連絡先電話番号phone number 0120-003-293
連絡先Eメールアドレスe-mail address -

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other 試験の目的 : 主要目的
パート1:選択した進行固形がん及びびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者を対象としてNIR178とPDR001の併用の有効性を検討する
パート2:NSCLCを対象としてPDR001との併用で複数の間欠的投与スケジュールでNIR178を投与したときの有効性を検討す
パート3:NSCLC及び別のがん腫を対象として間欠的投与スケジュールでNIR178を投与したときの有効性を検討する。
副次目的
選択した進行固形がん及びリンパ腫の患者を対象としてNIR178とPDR001併用の有効性を検討する
NIR178とPDR001の併用の安全性及び忍容性を検討する
腫瘍への免疫細胞浸潤の変化を検討する
併用投与したときのNIR178及びその代謝物NJI765並びにPDR001のPKを検討する
PDR001の免疫原性を検討する
日本人Safety run-inパート:日本人患者を対象としてNIR178単剤投与の安全性及びPKプロファイルを評価する



関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics
実際の症例数actual enrolled number
試験の対象者のフローparticipant flow
有害事象に関するまとめadverse events
主要評価項目の解析結果primary outcome measures
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures
簡潔な要約brief summary
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約