更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2022/01/06
最新掲載日last update posted date 2022/01/06
初回登録日first registered date 2018/08/06
初回掲載日first posted date 2018/09/03
結果概要初回登録日first registered date for the result 2022/01/06
結果概要初回掲載日first posted date for the result 2022/01/06
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2022/01/06 改訂 / revised
2020/10/14 改訂 / revised 2021/10/11
2019/07/16 改訂 / revised
2018/12/17 JAPICによる結合情報 / merged information by JAPIC
2018/08/06 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2018/08/06 新規作成 概要(日本語) / initial created summary (JA)

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-184057
他の登録機関other registries 無 / absence
IPD共有に関する計画plan to share IPD 有 / yes
IPD共有に関する計画の詳細plan description https://www.ono.co.jp/jpnw/rd/policy.html https://www.ono.co.jp/eng/rd/policy.html

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 原発性マクログロブリン血症(WM)及びリンパ形質細胞リンパ腫(LPL)に対する多施設共同非盲検非対照試験(ONO-4059-05) An open-label, multi-Center, uncontrolled phase II study in patients with Waldenstrom Macroglobulinemia (WM) and Lymphoplasmacytic Lymphoma (LPL)(ONO-4059-05)
簡易な試験の名称public title ONO-4059 第2相試験(ONO-4059-05) Phase II Study of ONO-4059(ONO-4059-05)

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. ONO-4059 ONO-4059
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material Tirabrutinib
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 経口投与 Oral administration
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material - -
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material - -

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ2 / phase2
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2018/11/20
予定試験期間expected duration of study 2018/08/01 ~ 2025/08/01
目標症例数target sample size 26
試験の概要brief summary WM及びLPLを対象にONO-4059を経口投与したときの有効性及び安全性を検討する. To investigate efficacy and safety of ONO-4059 given as monotherapy to patients with WM and LPL.
試験のデザインstudy design 非盲検試験 An open-label study
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
適格基準inclusion criteria 1. WM又はLPLと診断された患者
2. 3カ月以上の生存が期待される患者
1. Patients with WM or LPL
2. Life expectancy >=3 months at enrollment
適格基準:年齢(下限)minimum age 20 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria 1. WM及びLPL以外の悪性腫瘍の病歴のある患者
2. 過去に重篤なアレルギー又はアナフィラキシーの病歴のある患者
1. Patients with history of malignancy other than WM and LPL
2. Patients with history of serious allergies or anaphylaxis
疾患名health condition or problem studied 原発性マクログロブリン血症及びリンパ形質細胞リンパ腫 WM and LPL
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 有効性 / efficacy
奏効率
Overall response rate
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 有効性 / efficacy
全生存期間,無増悪生存期間,安全性など
Overall survival, progression-free survival and safety etc.
試験実施施設examination facility
試験の現状study status 試験完了 / completed
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date 2021/01/28

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB 群馬大学医学部附属病院 臨床研究審査委員会 The IRB of Gunma University Hospital
住所address of IRB 群馬県前橋市昭和町三丁目39番15号 3-39-15, Showa-machi Maebashi Gunma, Japan
電話番号phone number of IRB
Eメールアドレスe-mail address of IRB
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2018/09/07

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries 小野薬品工業株式会社 ONO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.
問合せ部署名department name for contact くすり相談室 Medicine counseling department
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number 0120-626-190(受付時間:土・日・祝日を除く9:00−17:00)
連絡先Eメールアドレスe-mail address clinical_trial@ono.co.jp clinical_trial@ono.co.jp
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries 小野薬品工業株式会社 ONO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.
問合せ部署名department name for contact 開発本部 Development Headquarters
連絡先住所address 東京都中央区日本橋本町4丁目9番11号 9-11, Nihonbashi-honcho 4-chome chuo-ku, Tokyo
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other ONO-4059-05
ONO-4059-05
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication 有 / presence
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results 2020/07/20
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7469793/
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics 原発性マクログロブリン血症及びリンパ形質細胞リンパ腫 WM(Waldenstrom Macroglobulinemia) and LPL(Lymphoplasmacytic Lymphoma)
実際の症例数actual enrolled number 27
試験の対象者のフローparticipant flow 未治療患者(コホートA)18名及び再発又は難治性患者(コホートB)9名のWM及びLPL患者が登録された。28日間を1サイクルとし、ONO-4059を480 mgの用量で空腹時(原則朝食前)に1日1回経口投与し、病勢進行又は臨床上許容できない毒性が認められるまで投与を継続することとした。 18 untreated patients (Cohort A) and 9 relapsed or refractory patients (Cohort B) with WM and LPL were enrolled in this study. Each cycle consisted of 28 days. ONO-4059 was administered orally once daily at a dose of 480 mg in the fasted state (before breakfast as a rule) until disease progression or any clinically unacceptable toxicity occurred.
有害事象に関するまとめadverse events 有害事象はすべての被験者[27/27 名(100.0%)]に認められた。副作用は25/27 名(92.6%)に認められた。Grade 3 以上の有害事象は8/27 名(29.6%)に認められた。死亡に至った有害事象は認められなかった。重篤な有害事象は2/27 名(7.4%)に認められた。投与中止に至った有害事象は1/27 名(3.7%)、休薬に至った有害事象は12/27 名(44.4%)に認められた。減量に至った有害事象は認められなかった。 Adverse events were reported in all subjects (27/27 [100.0%]). Adverse reactions were reported in 25/27 subjects (92.6%). Grade 3 or higher adverse events were reported in 8/27 subjects (29.6%). There were no adverse events resulting in death. Serious adverse events occurred in 2/27 subjects (7.4%). Adverse events resulting in treatment discontinuation and resulting in treatment interruption occurred in 1/27 subjects (3.7%) and in 12/27 subjects (44.4%), respectively. There were no adverse events resulting in dose reduction.
主要評価項目の解析結果primary outcome measures 主要評価項目である中央判定によるORR は、未治療患者(コホートA) では88.9%(16/18 名)[95%CI:65.3,98.6]であり、95%CI の下限値が閾値奏効率45.0%を上回った。再発又は難治性患者(コホートB) では88.9%(8/9 名)[95%CI:51.8,99.7]であり、95%CI の下限値が閾値奏効率20.0%を上回った。 The overall response rate (ORR) by central review, which was the primary endpoint, was 88.9% (16/18 patients) [95% CI: 65.3, 98.6] in untreated subjects (Cohort A), and the lower limit of 95% CI exceeded the threshold response rate of 45.0%. In relapsed or refractory patients (Cohort B), it was 88.9% (8/9 subjects) [95% CI: 51.8, 99.7] and the lower limit of 95% CI exceeded the threshold response rate of 20.0%.
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures (1) 中央判定によるMR を含むORR は、コホートA では94.4%(17/18 名)[95%CI:72.7,99.9]であった。コホートB では100.0%(9/9 名)[95%CI:66.4,100.0]であった。
(2)中央判定による最良総合効果は、コホートA では、VGPR が16.7%(3/18 名)、PR が72.2%(13/18 名)、MR が5.6%(1/18 名)、SDが5.6%(1/18 名)であり、PD であった被験者はいなかった。コホートB では,PR が88.9%(8/9 名)、MR が11.1%(1/9 名)であり、SD 又はPD であった被験者はいなかった。
(3)コホートA では、中央判定で奏効が認められた被験者16 名において、DOR は中央値に達しなかった。コホートB では、中央判定で奏効が認められた被験者8 名において、DOR は中央値に達しなかった。
(4)中央判定で奏効が認められた被験者では、TTR の中央値(最小値~最大値)は、コホートA で1.87(1.0~5.7)カ月、コホートB で2.07(1.0~3.7)カ月であった。
(5)中央判定でMR を含む奏効が認められた被験者では、MR を含むTTR の中央値(最小値~最大値)は、コホートA で0.95(0.9~3.9)カ月、コホートB で0.99(0.9~1.9)カ月であった。
(1) The ORR including minor response (MR) by central review was 94.4% (17/18 subjects) [95% CI: 72.7, 99.9] in Cohort A, and 100.0% (9/9 subjects) [95% CI: 66.4, 100.0] in Cohort B.
(2) The best overall response (BOR) by central review was VGPR in 16.7% (3/18 subjects), PR in 72.2% (13/18 subjects), MR in 5.6% (1/18 subjects), SD in 5.6% (1/18 subjects), and PD in no subjects in Cohort A. In Cohort B, the BOR by central review was PR in 88.9% (8/9 subjects), MR in 11.1% (1/9 subjects), and SD or PD in no subjects.
(3) In Cohort A, the duration of response (DOR) did not reach the median value in 16 subjects who showed a response by central review. In Cohort B, the DOR did not reach the median value in 8 subjects who showed a response by central review.
(4) In the subjects who showed a response by central review, the median (minimum-maximum) time to response (TTR) was 1.87 (1.0-5.7) months in Cohort A and 2.07 (1.0-3.7) months in Cohort B.
(5) In the subjects who showed a response including MR by central review, the median (minimum-maximum) TTR including MR was 0.95 (0.9-3.9) months in Cohort A and 0.99 (0.9-1.9) months in Cohort B.
簡潔な要約brief summary ONO-4059は、未治療及び再発/難治性WM並びにLPL患者に対して有効であり、管理可能な安全性プロファイルを示した。 ONO-4059 monotherapy is considered to be highly effective for both untreated and relapsed/refractory WM and LPL with a manageable safety profile
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約