更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2022/03/09
最新掲載日last update posted date 2022/03/14
初回登録日first registered date 2018/10/17
初回掲載日first posted date 2018/11/05
結果概要初回登録日first registered date for the result 2022/03/09
結果概要初回掲載日first posted date for the result 2022/03/14
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2022/03/14 改訂 / revised
2018/12/17 JAPICによる結合情報 / merged information by JAPIC 2021/08/16
2018/11/26 改訂 概要(日本語) / revised summary (JA)
2018/11/26 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2018/10/17 改訂 概要(英語) / revised summary (EN)
2018/10/17 新規作成 概要(日本語) / initial created summary (JA)

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-184185
他の登録機関other registries 無 / absence
IPD共有に関する計画plan to share IPD 無 / no
IPD共有に関する計画の詳細plan description - -

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 治療歴のある切除不能/進行性固形がんを有する日本人患者を対象としてLurbinectedin(PM01183)の薬物動態を検討する第I相非盲検臨床試験 Phase I Open-label, Clinical and Pharmacokinetic Study of Lurbinectedin (PM01183) in Japanese Patients with Previously Treated, Unresectable/Advanced Solid Tumors
簡易な試験の名称public title 治療歴のある切除不能/進行性固形がんを有する日本人患者を対象としてLurbinectedin(PM01183)の薬物動態を検討する第I相非盲検臨床試験 Phase I Open-label, Clinical and Pharmacokinetic Study of Lurbinectedin (PM01183) in Japanese Patients with Previously Treated, Unresectable/Advanced Solid Tumors

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. Lurbinectedin Lurbinectedin
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material lurbinectedin
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material PM01183 を3 週間に1 回、1時間かけて点滴静注する。 PM01183 is administered as a 1-hour, intravenous infusion every 3 weeks.
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material - -
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material - -

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ1 / phase1
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2016/10/05
予定試験期間expected duration of study 2016/09/01 ~ 2020/05/31
目標症例数target sample size 25
試験の概要brief summary 切除不能/進行性固形がんを有する日本人患者を対象としたPM01183の推奨用量及び投与スケジュールを決定するプロスペクティブ、非盲検、用量設定、非対照、第I相試験 Prospective, open-label, dose-ranging, uncontrolled phase I clinical trial to determine the recommended dose and schedule of PM01183 in Japanese patients with unresectable/advanced solid tumors.
試験のデザインstudy design オープン、非ランダム化、群逐次増量試験 Open-label, non-randomized dose escalation study
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
適格基準inclusion criteria 1) 試験の具体的な手順開始前に、自由意思に基づき、同意文書に署名及び日付を記入している患者
2) 年齢20歳以上の患者
3) 日本で生まれ、又は日本人の両親の下に生まれた患者
4) 進行性又は切除不能病変に対する治療歴が1レジメン以上3レジメン以下の患者
5) 身体活動全般を十分行うことができ、日常生活動作を自分ひとりまたは ごくわずか な介助を受けて行える患者
6) 十分な骨髄、腎、肝、代謝機能を有する患者
7) 妊娠可能な女性は、試験登録前の妊娠検査が陰性でなければならない。男女とも避妊法を用いることに同意していなければならない
1) Voluntarily signed and dated written informed consent prior to any specific study procedure.
2) Age >= 20 years.
3) Patients must be born in Japan, or be descendants from both Japanese parents
4) Patients must have received at least one but no more than three prior regimens for advanced or unresectable disease.
5) An acceptable level of general physical activity and are able to carry out activities of daily living by him/herself or with minimal help.
6) Adequate bone marrow, renal, hepatic, and metabolic function
7) Women of childbearing potential must have a negative pregnancy test before study entry. Both women and men must agree to use a method of contraception.
適格基準:年齢(下限)minimum age 20 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria 1) 一次診断としての大腸癌又は原発性中枢神経系腫瘍を有する患者
2) 標準/既承認療法の選択肢が残されている、又は何らかの標準的な外科学的アプローチで完全切除できる可能性がある患者
3) 症候性、進行性、又はステロイドを要する脳転移又は軟膜・髄膜疾患を有する患者
4) 骨髄移植及び/又は幹細胞移植歴のある患者
5) 妊婦又は授乳婦で、治験期間中及び最終投与後最低3ヵ月間は授乳を中止する意思がない女性患者
1) Patients with colorectal cancer or primary Central Nervous System tumors as primary diagnosis.
2) Patients for whom standard/approved treatment options remain or who may be rendered free-of-disease by any standard surgical approach.
3) Symptomatic or progressive or steroid-requiring brain metastases or leptomeningeal disease.
4) History of previous bone marrow and/or stem cell transplantation.
5) Women who are pregnant or women who are not willing to stop breastfeeding during study period and for at least 3 months after the last infusion.
疾患名health condition or problem studied 切除不能/進行性固形がん Patients with unresectable/advanced solid tumors
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
G-CSFの一次予防的投与なしでの推奨用量
推奨用量は、Cycle 1期間中に評価可能被験者のうち用量制限毒性が認められた被験者が1/3未満となる、G-CSFの一次予防的投与なしで検討されたPM01183の最大用量とする。
Recommended dose without primary G-CSF prophylaxis
The recommended dose will be the highest dose level explored of PM01183 without
primary G-CSF prophylaxis at which less than one third of evaluable patients experience a dose-limiting toxicities during Cycle 1.
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
薬物動態 / pharmacokinetics
ファーマコゲノミクス / pharmacogenomics
G-CSFの一次予防的投与ありでの推奨用量
推奨用量は、Cycle 1期間中に評価可能被験者のうち用量制限毒性が認められた被験者が1/3未満となる、G-CSFの一次予防的投与ありで検討されたPM01183単剤の最大用量とする。
Recommended dose with primary G-CSF prophylaxis
The recommended dose will be the highest dose level explored of PM01183 as a single agent with primary G-CSF prophylaxis at which less than one third of evaluable patients experience a DLT during Cycle 1.
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 安全性 / safety
安全性
暴露、有害事象、重篤な有害事象及び臨床検査値の評価を実施する。Cycle 1及びCycle 2期間中は特に被験者の観察を十分に行う。
Safety
Clinical evaluation of exposure, adverse events, serious adverse events and laboratory assessments will be performed. Special attention during Cycles 1 and 2 will be given.
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 有効性 / efficacy
有効性
抗腫瘍効果は、RECIST v.1.1に準じて、治療開始後6週間ごとに評価する。
Efficacy
Antitumor activity will be assessed according to RECIST every six weeks .
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 薬物動態 / pharmacokinetics
薬物動態
PM01183の血漿中薬物動態を、Cycle 1期間中に評価する。
Pharmacokinetics
The pharmacokinetics of plasma PM01183 will be evaluated during Cycle 1.
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome ファーマコゲノミクス / pharmacogenomics
薬理遺伝学
薬理遺伝学解析への参加に同意する被験者から、Cycle 1のDay 1の治験薬投与前に追加の血液検体を採取し、主要薬物動態パラメータにみられる個人間変動の説明に有用な因子を探索する。
Pharmacogenetics
For those patients who consent to participate in pharmacogenetics analysis, an additional blood sample will be collected before drug infusion on Day 1 of Cycle 1, in order to explore factors that may help explain individual variability in the main Pharmacokinetics parameters.
試験実施施設examination facility 公益財団法人がん研究会 有明病院
国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院
Cancer Institute Hospital of JFCR
National Cancer Center Hospital East
Cancer Center Hospital
試験の現状study status 試験完了 / completed
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date 2020/12/31

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB 国立がん研究センター治験審査委員会 National Cancer Center IRB
住所address of IRB 東京都中央区築地5丁目1番1号 5-1-1 Tsukiji, Chuo-ku, Tokyo
電話番号phone number of IRB
Eメールアドレスe-mail address of IRB
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2016/09/28

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社(治験国内管理人) IQVIA Services Japan K.K. (ICCC)
問合せ部署名department name for contact Oncology Phase I Unit Oncology Phase I Unit
連絡先住所address 東京都港区高輪四丁目10番18号 4-10-18 Takanawa,Minato-ku,Tokyo
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社(治験国内管理人) IQVIA Services Japan K.K. (ICCC)
問合せ部署名department name for contact Oncology Phase I Unit Oncology Phase I Unit
連絡先住所address 東京都港区高輪四丁目10番18号 4-10-18 Takanawa,Minato-ku,Tokyo
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name - -
その他other - -
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication 有 / presence
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results 2018/06/01
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications https://oncologypro.esmo.org/meeting-resources/esmo-virtual-congress-2020/phase-i-study-of-lurbinectedin-in-japanese-patients-with-pretreated-advanced-tumours-final-results
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics 投与された26名の患者のうち、G-CSF投与なし:男性10名/女性5名であり、G-CSF投与あり:男性4名/女性7名でした。 Out of the 26 patients treated with lurbinectedin, 15 patients including 10 male and 5 female were without G-CSF and 11 patients including 4 male and 7 female were with G-CSF.
実際の症例数actual enrolled number 28
試験の対象者のフローparticipant flow 合計28人の患者が含まれていました。これらのうち、26人の患者がLurbinectedinで治療されました:G-CSFのない15人の患者とG-CSFのある11人の患者は、それぞれ3と2の用量レベルに分布しました。 A total of 28 patients were included. Of these, 26 patients were treated with lurbinectedin: 15 patients without G-CSF and 11 with G-CSF, distributed among 3 and 2 dose levels, respectively.
有害事象に関するまとめadverse events この研究中に、G-CSFを含まないLurbinectedinまたはG-CSFを含むLurbinectedinのいずれにおいても死亡は報告されなかった。
治療に起因する重篤なAEは、G-CSFを含むLurbinectedinの3人の患者で報告されましたが、G-CSFを含まないLurbinectedinでは報告されませんでした。
報告された治療に起因する重篤なAEは、3.2 mg / m2でのクレブシエラ感染、および3.5 mg / m2での治療中止につながる用量減少と心室性不整脈につながるDILIでした。
3.5 mg / m2で報告された治療に起因する重篤なAEは、Lurbinectedin治療に関連しており、DLTでした。 すべてが解決したことが確認されました。

G-CSFを含まないLurbinectedin
G-CSFを含まないLurbinectedinの治療に起因するAEは、1.5 mg / m2の1人の患者を除いて、Lurbinectedin治療に関連するTEAEを有するすべての患者で報告されました。
すべての用量レベルで、軽度(グレード1)、中等度(グレード2)、重度(グレード3)、および生命を脅かす(グレード4)TEAEが15人の患者のうち2人(13.3%)、7人(46.7%)で観察されました。それぞれ3つ(20.0%)、3つ(20.0%)。
研究中に、研究者によって判断された死亡または他のTESAEは認められなかった。
さらに、投与中止につながるTEAEは認められませんでした。
RDでは、TEAEの大部分は中程度でした(グレード2)。グレード4のTEAEが1人の患者で報告されました。

G-CSFを含むLurbinectedin
G-CSFによるLurbinectedinの治療に起因するAEは、Lurbinectedin治療に関連するTEAEを有するすべての患者で報告されました。
治療に起因する重篤なAEは、合計11人の患者のうち3人(27.3%)で報告され、1人の患者(11.1%)は3.2 mg / m2で治療され、2人の患者(100.0%)は3.5 mg / m2で治療されました。
3.5 mg / m2で報告された治療に起因する重篤なAEは、Lurbinectedin治療に関連していた。
研究中に死亡は認められなかった。
Lurbinectedin治療は2人の患者で中止されました。各用量で1人の患者で、そのうちの1人(3.5 mg / m2)は薬物関連のTEAEを持っていました。 TEAEの重症度は、グレード2(中程度)から4(生命を脅かす)の範囲でした。
RD(3.2 mg / m2)での治療に起因する重篤な有害事象が1人の患者で報告されましたが、それはLurbinectedin治療とは関連していませんでした。さらに、用量中止につながるTEAEも1人の患者で報告されましたが、Lurbinectedin治療とは関連していませんでした。グレード4のTEAEの患者数は2人(22.2%)でした。
No deaths were reported in either lurbinectedin without G-CSF or lurbinectedin with G-CSF during this study.
Treatment-emergent serious AEs were reported in three patients in lurbinectedin with G-CSF, but not in lurbinectedin without G-CSF.
Treatment-emergent serious AEs reported were klebsiella infection at 3.2 mg/m2, and DILI leading to dose reduction and ventricular arrhythmia leading to treatment discontinuation at 3.5 mg/m2.
Treatment-emergent serious AEs reported at 3.5 mg/m2 were related to lurbinectedin treatment and were DLTs. All were confirmed to have resolved.

Lurbinectedin without G-CSF
Treatment-emergent AEs in lurbinectedin without G-CSF were reported in all patients who had TEAEs related to lurbinectedin treatment, except for one patient with 1.5 mg/m2.
At all dose levels, mild (Grade 1), moderate (Grade 2), severe (Grade 3), and life-threatening (Grade 4) TEAEs were observed in two of 15 patients (13.3%), seven (46.7%), three (20.0%), and three (20.0%), respectively.
No deaths or other TESAEs judged by Investigators were noted during the study.
In addition, no TEAEs leading to dose discontinuation were noted.
At the RD, the majority of TEAEs were moderate (Grade 2). A Grade 4 TEAE was reported in one patient.

Lurbinectedin with G-CSF
Treatment-emergent AEs in lurbinectedin with G-CSF were reported in all patients, who had any TEAE related to lurbinectedin treatment.
Treatment-emergent serious AEs were reported in three of 11 patients (27.3%) in total, one patient (11.1%) treated with 3.2 mg/m2 and two patients (100.0%) treated with 3.5 mg/m2.
Treatment-emergent serious AEs reported in 3.5 mg/m2 were related to lurbinectedin treatment.
No deaths were noted during the study.
Lurbinectedin treatment was discontinued in two patients, one patient at each dose, one of whom (at 3.5 mg/m2) had a TEAE that was drug related. Severity of TEAEs was in the range of Grade 2 (moderate) to 4 (life-threatening).
Treatment-emergent serious AE at the RD (3.2 mg/m2) was reported in one patient, but it was not related to lurbinectedin treatment. In addition, TEAE leading to dose discontinuation was also reported in one patient but was not related to lurbinectedin treatment. The number of patients with Grade 4 TEAEs was two patients (22.2%).
主要評価項目の解析結果primary outcome measures この第I相臨床試験では、DLTを評価し、G-CSFを含まないLurbinectedinとG-CSFを静脈内投与したLurbinectedinのMTDとRDを特定しました。利用可能な標準治療に抵抗性の進行性固形腫瘍を有する成人患者への1時間のq3wk注入として、以下の結果が得られた:

G-CSFを含まないLurbinectedinで1時間のq3wk注入で治療された患者では、サイクル1の間に3.2 mg / m2で治療された2人の患者でDLTが報告されました。これらのDLTはグレード4の好中球減少症で構成されていました。 1.5および2.5mg / m2ではDLTは報告されていません。 MTDおよびRDは、それぞれ3.2 mg / m2および2.5mg / m2と決定されました。
In this phase I clinical trial conducted to evaluate DLTs, and to identify the MTD and the RD of lurbinectedin without G-CSF and lurbinectedin with G-CSF administered i.v. as a 1-hour infusion q3wk in adult patients with advanced solid tumors refractory to available standard therapy, the following results were obtained:
-In patients treated with lurbinectedin without G-CSF over a1-hour infusion q3wk, DLTs were reported in two patients treated with 3.2 mg/m2 during Cycle 1. These DLTs consisted of Grade 4 neutropenia. No DLTs were reported in 1.5 and 2.5 mg/m2 . The MTD and RD were determined as 3.2 mg/m2 and 2.5 mg/m2 , respectively.
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures ・LurbinectedinとG-CSFで治療された患者では、サイクル1の間に3人の患者でDLTが報告されました。用量制限毒性は、グレード4の血小板減少症、好中球減少症、および心室性不整脈で構成されていました。それらのうち、心室性不整脈は、Lurbinectedin治療に関連する深刻なTEAEであり、中止に至りました。 MTDとRDは、それぞれ3.5 mg / m2と3.2mg / m2と決定されました。サイクル2では、DLTは3.5 mg / m2で報告されました。それはグレード3のDILIであり、線量の減少につながりました。
・最も一般的なTEAEは、好中球減少症、血小板減少症、リンパ球減少症、および白血球減少症であり、骨髄抑制、および悪心や便秘などの胃腸障害を示唆しています。死亡は報告されていません。Lurbinectedin治療に関連する治療に起因する重篤なAEが、3.5 mg / m2およびG-CSF、グレード4の心室性不整脈およびグレード3のDILIで治療された2人の患者で報告されました。治療に起因するAEは、ほとんどが管理可能で、予測可能で、可逆的でありLurbinectedinは一般的に許容されていました。
・LurbinectedinのRDまたは安全性プロファイルは、データは限られていましたが、外国の研究と同様であるように見えました。
・LurbinectedinのPKプロファイルは、日本人以外の患者で観察されたものと類似しているように見えた。
・臨床効果の反応は5人の患者で確認されました。1人の患者はPRが確認され、4人の患者は4か月以上持続し、臨床的利益は主にRDで観察されました。
-In patients treated with lurbinectedin and G-CSF, DLTs were reported in three patients during Cycle 1. Dose-limiting toxicities consisted of Grade 4 thrombocytopenia, neutropenia, and ventricular arrhythmia. Of those, ventricular arrhythmia was a serious TEAE related to lurbinectedin treatment and led to discontinuation. The MTD and RD were determined as 3.5 mg/m2 and 3.2 mg/m2, respectively. In Cycle 2, DLT was reported at 3.5 mg/m2. It was Grade 3 DILI, leading to dose reduction.
-The most common TEAEs were neutropenia, thrombocytopenia, lymphopenia, and leukopenia, suggesting myelosuppression, and gastrointestinal disorders, such as nausea or constipation. No deaths were reported. Treatment-emergent serious AEs related to lurbinectedin treatment were reported in two patients treated with 3.5 mg/m2and G-CSF, Grade 4 ventricular arrhythmia and Grade 3 DILI. Treatment-emergent AEs were mostly manageable, predictable and reversible, and lurbinectedin was generally tolerated.
-The RD or safety profile of lurbinectedin appeared to be similar to that in non-Japanese studies, although data was limited.
-The PK profile of lurbinectedin appeared to be similar to that observed in non-Japanese patients.
-Clinical efficacy response was confirmed in five patients, one patient with confirmed PR and four patients with SD lasting for >=4 months, and clinical benefit was mainly observed the RD.
簡潔な要約brief summary これらの結果は、G-CSFを使用せず、G-CSFを一次予防的に使用したLurbinectedinが忍容性があり、進行した固形腫瘍の日本人患者に有効である可能性があることを示唆しています。 G-CSFなしの2.5mg / m2および一次GCSF予防ありの3.2mg / m2のLurbinectedinは、切除不能または進行した固形腫瘍の日本人患者を対象とした次の第II相試験で最適であると考えられています。 These results suggest that lurbinectedin without G-CSF and with primary G-CSF prophylactic use was tolerable and possibly effective in Japanese patients with advanced solid tumors. Lurbinectedin at 2.5 mg/m2 without G-CSF and 3.2 mg/m2 with primary G CSF prophylaxis are considered optimal in the next phase II study in Japanese patients with unresectable or advanced solid tumors.
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s) https://www.clinicaltrials.jp/file/VQjPoUjed https://www.clinicaltrials.jp/file/LQBQoUjed
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:4
日付:2017/08/28
version:4
date:2017/08/28
利用規約