更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2021/12/17
最新掲載日last update posted date 2021/12/17
初回登録日first registered date 2019/05/16
初回掲載日first posted date 2019/05/17
結果概要初回登録日first registered date for the result
結果概要初回掲載日first posted date for the result
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2021/12/17 改訂 / revised
2021/12/13 改訂 / revised
2020/07/27 改訂 / revised 2021/07/14
2019/12/16 改訂 / revised
2019/05/17 新規作成 / initial created

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-194760
他の登録機関other registries 有 / presence
他の登録機関
他の登録機関の名称name of other registries ClinicalTrials.gov
他の登録機関でのID番号secondary ID no. NCT03944772
IPD共有に関する計画plan to share IPD 無 / no
IPD共有に関する計画の詳細plan description - -

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title オシメルチニブ単剤による一次治療下で病勢進行した進行非小細胞肺癌 患者を対象に、バイオマーカーを指標とした第II 相プラットフォーム試 験 A Biomarker-directed Phase 2 Platform Study in Patients With Advanced Non-Small Lung Cancer Whose Disease Has Progressed on First-Line Osimertinib Therapy
簡易な試験の名称public title ORCHARD ORCHARD

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. オシメルチニブ、Savolitinib、ゲフィチニブ、ネシツムマブ、デュルバルマブ、カルボプラチン、ペメトレキセド、アレクチニブ、セルペルカチニブ、セルメチニブ、エトポシド  Osimertinib, Savolitinib, Gefitinib, Necitumumab, Durvalumab, Carboplatin, Pemetrexed, Alectinib, Selpercatinib, Selumetinib, Etoposide
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material -
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material モジュール(M)1:オシメルチニブ80mg+savolitinib 300mg 1日1回経口
M2:オシメルチニブ80mg+ゲフィチニブ 250mg 1日1回経口
M3:オシメルチニブ80mg(経口)+ネシツムマブ800mgを21日サイクルの1, 8日目に静注投与
M4:デュルバルマブ1500mg+ペメトレキセド 500mg/m2+カルボプラチン AUC5を21日サイクルで最高6サイクルまで1日目に静注投与。以降、デュルバルマブ+ペメトレキセドを28日サイクルで投与
M5:オシメルチニブ80mg+アレクチニブ300mg1日2回経口
M6:オシメルチニブ80mg+セルペルカチニブ160mg1日2回経口
M7:デュルバルマブ1500mg+エトポシド 80-100mg/m2+カルボプラチン AUC5-6を21日サイクルで4サイクルまで1日目に静注投与(エトポシド1-3日目投与)。以降、デュルバルマブを28日サイクルで投与
M8:オシメルチニブ 80mg(経口)+ペメトレキセド 500mg/m2+カルボプラチン AUC5を21日サイクルで最高4サイクルまで1日目に静注投与。以降、オシメルチニブ+ペメトレキセドを21日サイクルで投与
M9:オシメルチニブ80mg+セルメチニブ 75mg1日2回経口
M1: osimerinib 80mg+savolitinib 300mg orally once daily
M2: osimertinib 80mg+gefitinib 250mg orally once daily
M3: osimertinib 80mg(orally)+necitumumab 800mg once daily as an intravenous(IV) infusion on Days1, 8 of each 21day cycle
M4: Durvalumab 1500mg+pemetrexed 500mg/m2+carboplatin AUC5 is IV infusion on the first day to 6cycles as a 21day cycle.And, Durvalumab+ pemetrexed can be IV infusion as 28days cycle
M5: osimertinib 80mg+alectinib 300mg orally twice daily
M6: osimertinib 80mg+selpercatinib 160mg orally twice daily
M7: Durvalumab 1500mg+Etoposide 80-100mg/m2+carboplatin AUC5-6 is IV infusion on the first day to 4cycles as a 21day cycle.(Etoposide is administered on Days1-3). And, Durvalumab can be IV infusion as 28days cycle
M8: osimertinib 80mg(orally)+pemetrexed 500mg/m2+carboplatin AUC5 is IV infusion on the first day to 4cycles as a 21day cycle. And, osimertinib+pemetrexed can be administered as 21days cycle
M9: osimertinib 80mg+selumetinib 75mg orally twice daily
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material - -
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material - -

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ2 / phase2
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2019/06/25
予定試験期間expected duration of study 2019/05/07 ~ 2025/06/30
目標症例数target sample size 24
試験の概要brief summary オシメルチニブ単剤による一次治療下で進行した進行非小細胞肺癌患者を対象とした第II 相プラットフォーム試験

本治験はモジュール式デザインを採用しているため、複数の治験治療の有効性、安全性及び忍容性の評価が可能
Phase 2 Platform Study in Patients with Advanced Non-Small Lung Cancer who progressed on First-Line Osimertinib Therapy.

This study is modular in design, allowing evaluation of the efficacy, safety and tolerability of multiple study treatments.
試験のデザインstudy design 非ランダム化、並行群間比較試験 Non-Randomized, Parallel Assignment
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
アジア(日本以外) / Asia except Japan
北米 / North America
欧州 / Europe
適格基準inclusion criteria 日本は20歳以上
全ての治験治療モジュール(グループA / B)に適用される選択基準:

1. 以下の特徴を持つ非小細胞肺がん(NSCLC)
1. 組入れ時点で局所進行又は転移が認められ(すなわち、進行性NSCLC)、根治的手術療法又は放射線療法適応外である者

2. 診断時にEGFR TKI感受性との関連が知られているEGFR遺伝子変異を有する肺腺癌であることが組織学的又は細胞学的に診断されている者(組織学的に混合型の場合は、腺癌が組織学的に優勢であれば適格とする)。モジュール7 に基づいて治療を受けるには、組織学的に特定可能なSCLC 又は大細胞NEC への形質転換成分を有する必要がある。

3. 進行NSCLCに対する前治療は、オシメルチニブ単独治療の一次治療のみで、治験責任(分担)医師により臨床的ベネフィットがあると判断された者

オシメルチニブ80mg 1日1回の単剤による一次治療下の進行が画像検査により確認されている者((「一次治療」とは、14 日を超えて抗癌剤の投与を毎日受けた、又は抗癌剤の点滴静注を1 回受けた場合と定義する。例えば、オシメルチニブ治療の前に第一世代又は第二世代TKI を受けたが期間が14 日間未満で、有害事象のため中止した場合は、本治験への組入れ可能である。除外基準5 も参照)過去に術前又は術後補助療法を受けた患者は、除外基準5 に従い組入れ可能。

4.オシメルチニブ80 mg 1 日1 回の単剤による一次治療下の進行が画像検査により確認されている者。

2. 必須の生検に適している(採取可能な腫瘍があると定義)者。実施医療機関で使用する採取法は問わないが、その手技を実施する者が確認することが望ましい。また、患者がその手技に耐えられるような安定した臨床状態であること。生検は治験薬の初回投与予定日前60 日間以内に実施すること。

3. RECISTガイドライン第1.1版に基づく測定可能病変を有する者
(ベースライン時のCT検査又はMRI 検査において最長径が10 mm 以上[リンパ節病変については短径15 mm以上]であることが正確に測定され、かつ、反復して評価することに適した病変が1 つ以上と定義)。放射線照射が行われた病変又は放射野内にある病変は、RECIST ガイドライン第1.1 版に基づく明らかな増悪が認められた場合を除き、測定可能病変として用いるべきではない。標的病変は、生検に適した他の病変がない場合を除き、ベースライン腫瘍生検には使用しない。

4.適切な血液凝固パラメータを有する者
国際標準比(INR)が基準値上限の1.5倍未満、及び活性化部分トロンボプラスチン時間が基準値上限の1.5倍未満。ただし、これらのパラメータに影響する抗凝固治療を受けている場合を除く。
Inclusion criteria applicable to all study treatment modules (Groups A/B):

1.Non-Small Cell Lung Cancer (NSCLC) with the following features

1.Locally advanced or metastatic disease (i.e., advanced NSCLC) not amenable to curative surgery or radiotherapy at study entry.

2. Histologically or cytologically confirmed adenocarcinoma of the lung (patients with mixed histology are eligible if adenocarcinoma is the predominant histology) harboring EGFR mutation(s) known to be associated with EGFR TKI sensitivity at diagnosis. Any histologically identifiable component of neuroendocrine transformation to SCLC or large cell NEC is required for treatment under Module 7.

3. Received only 1 line of therapy, with single-agent osimertinib, for advanced NSCLC, with clinical benefit as judged by investigator discretion.

(Note: a 'line' of therapy is defined as a daily anti-cancer treatment administered for >14 days, or a single infusion of an intravenous anti-cancer treatment. For instance, patients who have had <14 days of a first- or second- generation TKI prior to osimertinib, and stopped due to adverse events, would be eligible to enter this study, see also exclusion criteria 5).

Patients previously treated adjuvantly or neo-adjuvantly are eligible per exclusion criterion 5.

4.Evidence of radiological disease progression on first-line monotherapy with osimertinib 80 mg po QD.

2. Suitable for a mandatory biopsy defined as having an accessible tumor; by whichever modality the site uses and, ideally, confirmed by the person who will perform the procedure; and a stable clinical condition that will allow the patient to tolerate the procedure. The biopsy should be performed within 60 days of the planned first dose of study treatment.

3.Patients must have measurable disease per RECIST 1.1, as defined by at least 1 lesion that can be accurately measured at baseline as 10 mm or more at the longest diameter (except lymph nodes which must have a short axis 15 mm or more) with computed tomography (CT) or magnetic resonance imaging (MRI), which is suitable for accurate repeated measurements. Previously irradiated lesions or a lesion in the field of radiation should not be used as measurable disease unless the lesion(s) has/have demonstrated unequivocal disease progression by RECIST 1.1. Target lesions should not be used for the baseline tumour biopsy, unless there are no other lesions suitable for biopsy and they fulfil requirements.

4. Adequate coagulation parameters, defined as:
International Normalisation Ratio (INR) <1.5 x ULN and activated partial thromboplastin time <1.5 x ULN unless patients are receiving therapeutic anti-coagulation which affects these parameters.
適格基準:年齢(下限)minimum age 18 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria 全ての治験治療モジュール(グループA / B)に適用される除外基準:

1. オシメルチニブの投与開始後3カ月以内に病勢進行が認められた者

2. オシメルチニブによる前治療の投与中止又は減量に至った毒性が認められた者。過去に減量を行ったが、プレスクリーニング時にはオシメルチニブを完全な用量で投与中であった被験者については、治験依頼者の臨床試験実施チームの医学専門家と協議すること。

3. 治験治療の開始時に、オシメルチニブによる前治療に起因するCTCAE グレード2以上の毒性が継続している者

4. 治験薬の初回投与前から60日を超えて、オシメルチニブの投与を中断している者

5. 以下の臨床検査値のいずれかを示すような骨髄機能及び臓器機能が不十分な者
1. 絶対好中球数<1.5 × 109/L
2. 血小板数<100 × 109/L
3. ヘモグロビン<9 g/dL
4. アラニン・アミノトランスフェラーゼ(ALT)>2.5 ×基準値上限
5. アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)>2.5 ×基準値上限
6.総ビリルビン>1.5 ×基準値上限、又はジルベール症候群(非抱合型高ビリルビン血症)と確認されている場合、総ビリルビン>3 × 基準値上限

6. Cockcroft-Gault 式又は24 時間蓄尿を用いて算出したクレアチニンクリアランス<50 mL/min
Exclusion Criteria applicable to all study treatment modules (Groups A/B):

1. Patients whose disease has progressed within the first 3 months of osimertinib treatment.(refractory to osimertinib treatment).

2. Patients must not have experienced a toxicity(-ies) that led to permanent discontinuation or dose reduction of prior osimertinib.
(a) Patients who had dose reductions in the past, but were receiving a full dose of osimertinib at the time of pre-screening should be discussed with the Study Physician.

3. Any unresolved toxicities from prior osimertinib treatment greater than CTCAE Grade 1 at the time of starting study treatment.

4. Patients should not have discontinued osimertinib >60 days prior to the first dose of study treatment.

5. Inadequate bone marrow reserve or organ function as demonstrated by any of the following laboratory values:

1. Absolute neutrophil count < 1.5 x 109/L.

2. Platelet count < 100 x 109/L.

3. Haemoglobin < 9 g/dL.

4. Alanine transaminase (ALT) > 2.5 x ULN.

5. Aspartate aminotransferase (AST) > 2.5 x ULN.

6. Total bilirubin (TBL) > 1.5 x ULN, or > 3 x ULN in the presence of documented Gilbert's Syndrome (unconjugated hyperbilirubinaemia).

6. Creatinine clearance (CrCl) < 50 mL/min, calculated using Cockcroft-Gault equation (Cockcroft and Gault 1976) or 24-hour urine collection.
疾患名health condition or problem studied 非小細胞肺癌 Non-Small Cell Lung Cancer
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 有効性 / efficacy
検証的 / confirmatory
- -
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 有効性 / efficacy
薬物動態 / pharmacokinetics
- -
試験実施施設examination facility
試験の現状study status 実施中 / progressing
被験者募集状況recruitment status 参加募集中 / recruiting
試験終了日または中止日completion date or terminated date

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB 九州大学病院 治験倫理審査委員会 IRB of Kyushu University Hospital
住所address of IRB 福岡市東区馬出3丁目1番1号 3-1-1 Maidashi, Higashi-ku , Fukuoka-shi, Fukuoka, 812-8582, Japan
電話番号phone number of IRB - -
Eメールアドレスe-mail address of IRB - -
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2019/06/13

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization - -
研究費の名称name of research funding - -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries アストラゼネカ株式会社 AstraZeneca KK
問合せ部署名department name for contact 治験情報窓口 Clinical Trial Information
連絡先住所address - -
連絡先電話番号phone number - -
連絡先Eメールアドレスe-mail address RD-clinical-information-Japan@astrazeneca.com RD-clinical-information-Japan@astrazeneca.com
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries アストラゼネカ株式会社 AstraZeneca KK
問合せ部署名department name for contact 治験情報窓口 Clinical Trial Information
連絡先住所address - -
連絡先電話番号phone number - -
連絡先Eメールアドレスe-mail address RD-clinical-information-Japan@astrazeneca.com RD-clinical-information-Japan@astrazeneca.com

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other D6186C00001 D6186C00001
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics
実際の症例数actual enrolled number
試験の対象者のフローparticipant flow
有害事象に関するまとめadverse events
主要評価項目の解析結果primary outcome measures
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures
簡潔な要約brief summary
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約