更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2021/11/26
最新掲載日last update posted date 2021/11/26
初回登録日first registered date 2019/07/31
初回掲載日first posted date 2019/07/31
結果概要初回登録日first registered date for the result
結果概要初回掲載日first posted date for the result
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2021/11/26 改訂 / revised 2022/11/10
2020/11/13 改訂 / revised
2019/09/13 改訂 / revised
2019/07/31 新規作成 / initial created

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-194897
他の登録機関other registries 有 / presence
他の登録機関
他の登録機関の名称name of other registries ClinicalTrials.gov
他の登録機関でのID番号secondary ID no. NCT03570892
IPD共有に関する計画plan to share IPD 有 / yes
IPD共有に関する計画の詳細plan description ノバルティスは、承認された外部研究者に対して、被験者レベルのデータ及び、該当する試験に関する臨床文書を共有することに取り組んでいます。外部研究者は、これらの資料の共有を受けるために申請し、独立した審査委員会によって申請内容の科学的な妥当性について審査され承認を受ける必要があります。また、全ての共有されるデータは、適用される法令に従い、治験に参加された被験者のプライバシーを尊重するため、匿名化されます。この試験データ共有に必要な条件や手順は、www.clinicalstudydatarequest.comに掲載されています。

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 再発又は難治性のアグレッシブB 細胞性非ホジキンリンパ腫の成人患者を対象とするtisagenlecleucel と標準治療を比較する第III 相無作為化非盲検試験(BELINDA 試験)
簡易な試験の名称public title アグレッシブB 細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)の成人患者におけるtisagenlecleucel(CTL019)の第III相試験

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 再生医療等製品 / regenerative medical product
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. チサゲンレクルユーセル
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material Tisagenlecleucel (CTL019)
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 単回静脈内輸注
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material 標準治療
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code --- /
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material プラチナベースの免疫化学療法を受け,奏効が得られた被験者は続いて大量化学療法 と自家造血幹細胞移植を受ける

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ3 / phase3
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2019/06/30
予定試験期間expected duration of study 2018/10/31 ~ 2025/10/03
目標症例数target sample size 318
試験の概要brief summary リツキシマブ及びアントラサイクリン系薬剤を含む免疫化学療法による一次治療が不成功に終わったアグレッシブB細胞性NHL の成人患者を対象として,tisagenlecleucel の有効性,安全性,及び忍容性を標準治療と比較する無作為化,非盲検,多施設共同第III 相試験である。
試験のデザインstudy design 無作為化,非盲検,多施設共同,第III 相試験
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
アジア(日本以外) / Asia except Japan
北米 / North America
南米 / South America
欧州 / Europe
オセアニア / Oceania
適格基準inclusion criteria 主な適格基準:
1. 一次治療後にアグレッシブB 細胞性NHL が再発又は進行した状態にあることが組織学的に確定していること。アグレッシブB 細胞性NHL は,これまで以下の組織型により定義されている(Swerdlow et al 2016)。
a. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)・非特定型
b. グレード3B の濾胞性リンパ腫(FL)
c. 原発性縦隔大細胞型B 細胞リンパ腫(PMBCL)
d. T 細胞/組織球豊富型大細胞型B 細胞リンパ腫(T/HRBCL)
e. 慢性炎症関連DLBCL
f. 血管内大細胞型B 細胞リンパ腫
g. ALK 陽性大細胞型B 細胞リンパ腫
h. DLBCL と古典的ホジキンリンパ腫(HL)の中間的特徴を伴うB 細胞リンパ腫・分類不能型
i. MYC 及びBCL2 とBCL6 の両方か一方の再構成伴う高悪性度B 細胞リンパ腫
j. 高悪性度B 細胞リンパ腫・非特異型
k. HHV8 陽性DLBCL・非特異型
l. 濾胞性リンパ腫から形質転換したDLBCL
m. 辺縁帯リンパ腫から形質転換したDLBCL
n. DLBCL・下肢型
2. リツキシマブ及びアントラサイクリン系薬剤を含む免疫化学療法による一次治療の最終投与から365 日以内に再発又は進行したか,難治性(CR 又はPR を達成していない)と判定されていること
3. 治験責任(分担)医師の判定に基づき自家造血幹細胞移植 に適格と考えられる患者。注:移植の意思があること及び大量化学療法レジメンの種類を登録時に記録する
4. 測定可能病変を有すること
a. リンパ節病変の長径が15 mm を超えている(短径の長さは問わない),かつ/又は
b. 節外病変(リンパ節又はリンパ節塊以外,肝臓と脾臓を含む)が長径と短径の両方で10 mm を超えている
5. ECOG PS が0 又は1
6. 十分な臓器機能を維持していること
以下に定義する腎機能
a. 血清クレアチニンが正常値上限(ULN)の1.5 倍以下,又は推算糸球体濾過量(eGFR)≧ 60 mL/min/1.73 m2
以下に定義する肝機能
b. アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)及びアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)がULN の5 倍以下
c. 総ビリルビンがULN の1.5 倍以下。ただし,ジルベール症候群の患者は,総ビリルビンがULN の3.0 倍以下かつ直接ビリルビンがULN の1.5 倍以下であれば登録可とする。
以下に定義する造血機能(輸血の有無は問わない)
d. 好中球絶対数(ANC)> 1000/mm3
e. リンパ球絶対数(ALC)> 300/mm3
f. CD3 陽性T 細胞絶対数> 150/mm3
g. 血小板数≧ 50,000/mm3
h. ヘモグロビン> 8.0 g/dL
以下に定義する十分な肺機能
i. 呼吸困難がないか,あっても軽度である(グレード1 以下)
j. パルスオキシメトリーで測定した酸素飽和度が室内気で90%超
k. 1 秒量(FEV1)が50%以上又は一酸化炭素肺拡散能(DLCO)が予測値の50%以上
7. 非動員白血球アフェレーシス産物がtisagenlecleucel の製造用に利用可能でなければならない
適格基準:年齢(下限)minimum age 18 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria 主な除外基準
1. 抗CD19 療法,T 細胞療法,又は何らかの遺伝子治療製品による治療歴がある
2. 無作為化前にリンパ腫を標的とする何らかの抗がん療法による二次治療を受けている。病勢をコントロールするためのステロイドの単独投与は許容される。
3. 治験対象疾患による活動性の中枢神経系(CNS)浸潤を有する患者は除外する。ただし,CNS 浸潤が効果的に治療され(すなわち無症状であり),局所治療の実施時期が無作為化前の4 週間を超える場合を除く。
4. 同種造血幹細胞移植の治療歴
5. コントロール不良で急性の生命を脅かす感染
6. 以下に示す心血管系の異常のいずれか
・スクリーニング前6 ヵ月以内の不安定狭心症,心筋梗塞,冠動脈バイパス移植術(CABG),又は脳卒中
・スクリーニング時の心エコー,磁気共鳴血管画像(MRA),又はMUGAによる左室駆出率(LVEF)45%未満
・過去12 ヵ月以内のニューヨーク心臓協会(NYHA)機能分類Class III 又はIV(Chavey et al 2001)
・臨床的に重要な不整脈(心室性頻脈など),完全左脚ブロック,高度房室ブロック(二束ブロック,Mobitz 2 型,及び第三度房室ブロックなど)。ペースメーカー植え込みにより十分にコントロールされている場合を除く。
・スクリーニング時の安静時QTcF が450 msec(男性)又は460 msec(女性)以上,若しくはQTcF が測定不能
・補正されていない低カリウム血症又は低マグネシウム血症,心不全の既往,臨床的に重要/症候性の徐脈の既往などのトルサードドポアント(TdP)の危険因子を有するか,又は以下のいずれかに該当する。
 - QT 延長症候群を有するか,原因不明の突然死又は先天性QT 延長症候群の家族歴がある
- www.qtdrugs.org で「Known Risk of Torsades de Pointes」とされている薬剤を併用しており,中止することができず,別の安全な薬剤に切り替えることもできない.
7. 活動性神経系自己免疫疾患又は炎症性疾患(例:ギラン・バレー症候群[GBS],筋萎縮性側索硬化症[ALS])及び活動性の脳血管障害(例:脳浮腫,可逆性後白質脳症症候群[PRES])
疾患名health condition or problem studied 一次治療後にアグレッシブB 細胞性NHL が再発又は進行した状態にあることが組織学的に確定している以下のアグレッシブB 細胞性NHL
a. DLBCL・非特定型
b. グレード3B のFL
c. 原発性縦隔大細胞型B 細胞リンパ腫(PMBCL)
d. T 細胞/組織球豊富型大細胞型B 細胞リンパ腫(T/HRBCL)
e. 慢性炎症関連DLBCL
f. 血管内大細胞型B 細胞リンパ腫
g. ALK 陽性大細胞型B 細胞リンパ腫
h. DLBCL と古典的ホジキンリンパ腫[HL]の中間的特徴を伴うB 細胞リンパ腫・分類不能型
i. MYC 及びBCL2 とBCL6 の両方か一方の再構成伴う高悪性度B 細胞リンパ腫
j. 高悪性度B 細胞リンパ腫・非特異型
k. HHV8 陽性DLBCL・非特異型
l. 濾胞性リンパ腫から形質転換したDLBCL
m. 辺縁帯リンパ腫から形質転換したDLBCL
n. DLBCL・下肢型
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 有効性 / efficacy
無イベント生存期間(EFS): 
無作為化の日から12 週目(±1 週間)の評価以降に進行又は安定(Lugano 基準に基づき盲検下の独立評価委員会が判定する)若しくは任意の時点での死亡が最初に確認された日までの期間と定義する
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 安全性 / safety
有効性 / efficacy
探索性 / exploratory
薬物動態 / pharmacokinetics
その他 / other
治験責任(分担)医師の判定によるEFS、全生存期間(OS),全奏効率(ORR),奏効期間(DOR),健康関連の生活の質の患者報告アウトカム,バイオマーカー,細胞動態,免疫原性,安全性及び忍容性など
試験実施施設examination facility 北海道大学病院、東北大学病院、九州大学病院
試験の現状study status 実施中 / progressing
被験者募集状況recruitment status 参加募集終了 / completed
試験終了日または中止日completion date or terminated date

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB 国立大学法人北海道大学病院治験審査委員会
住所address of IRB 北海道札幌市北区北14条西5丁目
電話番号phone number of IRB
Eメールアドレスe-mail address of IRB
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2018/11/20

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization -
研究費の名称name of research funding -

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries ノバルティスファーマ株式会社
問合せ部署名department name for contact ノバルティスダイレクト
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number 0120-003-293
連絡先Eメールアドレスe-mail address
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries ノバルティスファーマ株式会社
問合せ部署名department name for contact ノバルティスダイレクト
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number 0120-003-293
連絡先Eメールアドレスe-mail address

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics
実際の症例数actual enrolled number
試験の対象者のフローparticipant flow
有害事象に関するまとめadverse events
主要評価項目の解析結果primary outcome measures
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures
簡潔な要約brief summary
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約