更新履歴にある更新日が2018/12/15以前である場合、その情報は旧フォーマットに則って作成されています。
If update date in update history is before 2018/12/15, the information was created in accordance with the old format.

更新履歴 / update history information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
最新登録日last update registered date 2022/04/01
最新掲載日last update posted date 2022/04/06
初回登録日first registered date 2020/01/24
初回掲載日first posted date 2020/01/24
結果概要初回登録日first registered date for the result 2022/04/01
結果概要初回掲載日first posted date for the result 2022/04/06
更新履歴update history 更新日 / updated date 最新照合日 / last reviewed date
2022/04/06 改訂 / revised
2021/12/21 改訂 / revised
2021/05/21 改訂 / revised
2020/06/12 改訂 / revised 2021/05/19
2020/01/24 新規作成 / initial created

基本情報 / basic information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
JapicCTI-No. JapicCTI-205131
他の登録機関other registries 有 / presence
他の登録機関
他の登録機関の名称name of other registries ClinicalTrials.gov
他の登録機関でのID番号secondary ID no. NCT04178902
IPD共有に関する計画plan to share IPD 無 / no
IPD共有に関する計画の詳細plan description

試験名 / title for the study

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の名称scientific title 再発/難治性の多発性骨髄腫及び急性骨髄性白血病におけるABBV-467の安全性及び忍容性を評価する試験 [M19-025] A Study of the Safety and Tolerability of ABBV-467 in Adult Participants With Relapsed/Refractory Multiple Myeloma and Acute Myeloid Leukemia [M19-025]
簡易な試験の名称public title MCL-1 阻害剤ABBV-467 のヒト初回投与試験 First In Human Study of the MCL-1 Inhibitor, ABBV-467

試験に用いる薬剤等 / investigational material

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験対象薬剤等investigational material 医薬品 / medicine
試験対象薬剤等 / investigational material(s)
一般的名称等generic name etc. ABBV-467 ABBV-467
薬剤:試験薬剤INNINN of investigational material -
試験対象品目:薬剤:薬効分類コードinvestigational material:medicine:therapeutic category code 429 /
用法・用量、使用方法dosage and administration for investigational material 静脈内投与 Intravenous (IV) infusion
対照薬剤等 / control material(s)
一般的名称等generic name of control material - -
薬剤:対照薬剤INNINN of control material -
試験対象品目の対照:薬剤:薬効分類コードcontrol material:medicine:therapeutic category code --- /
用法・用量、使用方法dosage and administration for control material -- -

試験の概要 / brief summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
試験の目的objective 治療 / treatment
試験のフェーズphase フェーズ1 / phase1
試験の種類study type 介入試験 / interventional study
第1被験者登録・組み入れ日date of first enrolment 2020/02/01
予定試験期間expected duration of study 2019/11/01 ~ 2022/05/31
目標症例数target sample size 25
試験の概要brief summary 再発/難治性の多発性骨髄腫及び急性骨髄性白血病におけるABBV-467の安全性及び忍容性を評価するヒト初回投与試験 [M19-025] This first-in-human study will evaluate the safety and tolerability of ABBV-467 in adult participants with relapsed/refractory multiple myeloma (MM)and Acute Myeloid Leukemia (AML).
試験のデザインstudy design 非盲検試験 Open Label
試験実施国・地域countries / regions of recruitment 日本 / Japan
アジア(日本以外) / Asia except Japan
北米 / North America
欧州 / Europe
オセアニア / Oceania
適格基準inclusion criteria ・多発性骨髄腫(MM)または急性骨髄性白血病(AML)の診断が確認されている
・MM 患者のみ:測定可能病変が以下に示す基準のいずれかを満たしている。
 血清M タンパクが1 g/dL 以上 又は 尿中M タンパクが200 mg/24 時間以上
・MM 患者のみ:臨床的有用性が認められている使用可能な全ての既存治療後に再発・難
治性が認められた患者。
・MM 患者のみ:少なくとも3 レジメン以上の前治療歴があること。前治療には1 種類以上の免疫調節薬,1 種類以上のプロテアソーム阻害剤及び1 種類以上の抗CD38 モノクローナル抗体を含むこと。
・ECOG performance status が0,1 又は2 である。
・十分な血液、腎臓、肝機能を有すること。(AML患者では血液機能について該当しない)
・駆出率が50%以上の心エコー、及び被験者の心毒性に対する感受性を増大させるような
その他の臨床的に重大な所見が認められない。
・AML 患者のみ:総白血球数が25000/mm3 未満(注:この基準を満たすためにヒドロキシ
ウレアを使用してもよい)
・AML 患者のみ:1 レジメン以上の前治療に不応,又は1 レジメン以上の前治療後に再
発・進行が認められていること。前治療には利用可能なすべての標準治療を含む。
- Documented diagnosis of multiple myeloma (MM)or Acute Myeloid Leukemia (AML)
- For MM patients, Measurable disease defined as at least 1 of the following: serum
monoclonal protein >= 1g/dL or urine M-protein >= 200mg/24 hours
- Relapsed after or are refractory or intolerant to all established MM
therapies that are known to provide clinical benefit and locally available
- Received at least 3 prior lines of therapy including 1 or more
immunomodulatory agents, 1 or more proteasome inhibitors, and 1 or more
anti-CD38 monoclonal antibodies
- Eastern Cooperative Oncology Group (ECOG) performance status of 0, 1,
or 2
- Adequate hematologic, renal and hepatic function(For subjects with AML, the following hematologic parameter requirements are not
applicable.)
- Echocardiogram with ejection fraction >= 50% and no other clinically
significant findings that would increase the participant's susceptibility to
cardiac toxicity
- AML subjects only: Total white blood cell count < 25,000/mm3 (Note: hydroxyurea is
permitted to meet this criterion).
- For AML subjects only: failure to respond to, and/or relapse or progression after, at least
1 prior line of therapy, including all available standard therapies.
適格基準:年齢(下限)minimum age 18 歳 / year
適格基準:年齢(上限)maximum age 制限なし / no limitation
適格基準:性別gender 両方 / both
除外基準exclusion criteria ・MCL-1阻害剤の投与歴がある
・抗がん剤(細胞傷害性薬剤,分子標的薬及び治験薬を含むが,副腎皮質ステロイドを除
く)の投与を,治験薬の初回投与開始の28 日又はその抗がん剤の半減期の5 倍の期
間以前(いずれか短い方の期間)から治験薬の最終投与日までに受けている。
・ABBV-467 の投与開始前90 日以内に自家造血幹細胞移植を受けている。
・ABBV-467 の投与開始前180 日以内に同種造血幹細胞移植を受けている。
・急性又は慢性膵炎の既往歴がある。
・未回復の重大な肝疾患がある。
- Prior exposure to any targeted MCL-1 inhibitor
- Antineoplastic therapy (including any cytotoxic, targeted and/or
investigational therapy; but not including corticosteroids), within 28 days or
5 half-lives, whichever is shorter, prior to the first dose of study drug and
through the last dose of study drug
- Autologous stem cell transplant within 90 days prior to start of study drug
- Allogenic stem cell transplant within 180 days prior to start of study drug
- History of acute or chronic pancreatitis
- Significant unresolved liver disease
疾患名health condition or problem studied 多発性骨髄腫、急性骨髄性白血病 multiple myeloma (MM), Acute Myeloid Leukemia (AML)
評価項目・方法:主要な評価項目 / primary outcome
評価項目・方法:主要な評価項目primary outcome 安全性 / safety
薬物動態 / pharmacokinetics
1. 有害事象数
2. 最高濃度(Cmax)
3. 半減期(t1/2)
4. 0 時間から最終定量可能時間までの濃度−時間曲線下面積(AUCt)
5. 0 時間から無限大時間までの濃度−時間曲線下面積(AUC0-∞)
6. クリアランス(CL)
1. Number of Participants with Adverse Events
2. Maximum Observed Plasma Concentration (Cmax)
3. Terminal Phase Elimination Half-life (t1/2)
4. Area Under the Plasma Concentration-Time Curve (AUCt)
5. Area Under the Plasma Concentration-Time Curve (AUCinf)
6. Clearance of ABBV-467
評価項目・方法:副次的な評価項目 / secondary outcome
評価項目・方法:副次的な評価項目secondary outcome 有効性 / efficacy
MM 患者では,IMWG5 の治療効果判定基準の修正版を用いて,有効性を評価する。
1. 全奏効率(以下「ORR」):部分奏効(以下「PR」) + 最良部分奏効(以下「VGPR」)+ 完全奏効(以下「CR」)+ 厳格な完全奏効(以下「sCR」)
2. 臨床的有用率(CBR):最小奏効(MR) + PR + VGPR + CR + sCR)
3. 奏効期間(DOR):最初の奏効が認められた時点から,最初の疾患進行又は原因を問わない死亡のいずれか早い時点までの期間と定義。

AML 患者では,IWG6 及びEuropean LeukemiaNet7 の治療効果判定基準の修正版を用いて,有効性を評価する。
1. 複合完全寛解(以下「CRc」):CR + 血球数の回復が不十分な完全寛解(以下「CRi」)
2. CR + 血液学的回復が不十分な完全寛解(以下「CRh」)
3. ORR:CRc + PR
4. 奏効期間:定義は上述のとおり。
For MM, efficacy will be evaluated per adapted International Myeloma Working Group (IMWG)5 criteria.
1. Overall Response Rate (ORR)
For MM patients, ORR evaluated per adapted International Myeloma Working Group (IMWG) criteria and defined as partial remission (PR) + very good partial response (VGPR) + complete remission (CR) + stringent complete response (sCR).
2. Clinical Benefit Rate (CBR)
CBR evaluated per adapted International Myeloma Working Group (IMWG) criteria and is defined as minimal response (MR) + PR + VGPR + CR + sCR.
3. Duration of Response (DOR)
DOR is defined as the time between date of first response and the first occurrence of progression or death from any cause, whichever comes first.

For AML, efficacy will evaluated per adapted International Working Group (IWG)6 and European
Leukemia Net (ELN)7 criteria:
1. Composite complete remission (CRc), comprised of CR + CR with incomplete blood count recovery (CRi).
2. CR + CR with partial hematologic recovery (CRh).
3. ORR, comprised of CRc + PR.
4. DOR, as defined above.
試験実施施設examination facility
試験の現状study status 試験中止(恒久的) / terminated
被験者募集状況recruitment status 参加募集中断(恒久的) / terminated
試験終了日または中止日completion date or terminated date 2021/04/16

IRB等に関する事項 / information about IRB(s)

注意:『IRB等に関する事項』にある機関等への問合せはご遠慮ください。また、IRBが複数存在する場合、一部のIRB情報のみが公開されている場合があります。
    問合せに関しては、項目『問合せ先』(参照:項目『IRB等に関する事項』から3件下にある項目)にある会社または機関へご連絡ください。
項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
IRB等に関する情報
名称name of IRB 国立がん研究センター治験審査委員会 National Cancer Center IRB
住所address of IRB 東京都中央区築地5 丁目 1 番 1 号 5-1-1 Tsukiji, Chuo-ku, Tokyo
電話番号phone number of IRB
Eメールアドレスe-mail address of IRB
審査の状況status of IRB review 承認 / approved
承認日date of approval by IRB 2019/12/18

試験実施組織 / organizations

資金提供組織 / monetary sponsor

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
組織名称 / name of monetary sponsor
組織名称name of funding organization AbbVie Inc.
研究費の名称name of research funding ABBV-467 M19-025

問合せ先 / contact information

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
一般的な問合せ先 / public queries
会社名・機関名contact name for public queries アッヴィ合同会社 AbbVie G.K
問合せ部署名department name for contact くすり相談室 Contact for Patients and HCP
連絡先住所address
連絡先電話番号phone number 0120-587-874 0120-587-874
連絡先Eメールアドレスe-mail address
科学的な問合せ先 / scientific queries
会社名・機関名contact name for scientific queries アッヴィ合同会社 AbbVie G.K
問合せ部署名department name for contact ジャパンサイトマネジメント&モニタリング部 Japan site management and monitoring
連絡先住所address 東京都港区芝浦3-1-21 3-1-21 Shibaura, Minato-ku, Tokyo
連絡先電話番号phone number
連絡先Eメールアドレスe-mail address

その他 / other

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
関連の試験番号とその名称related study ID number and its name
その他other
関連情報(既存薬の添付文書、審査報告書、新薬承認情報集等) / related information(e.c. package insert for existing medicine)
名称name
URL
上記情報の簡易的な説明brief description

試験結果の概要 / result summary

項目名 / Item 日本語 / Japanese 英語 / English
出版物の掲載posting of journal publication 無 / absence
初回の出版物の掲載日date of the first journal publication of results
結果および出版物に関するURLURL hyperlink(s) related to results and publications
試験の対象者に関する背景情報baseline characteristics 8名の再発・難治性の多発性骨髄腫の被験者が登録され,少なくとも1回のABBBV-467投与を受けた後,治験を中止した。治験依頼者によってABBV-467の開発を停止するというビジネス上の決定がなされ,治験は中止された。 8 subjects with R/R MM were enrolled and received at least 1 dose of study drug prior to the study being prematurely discontinued by the Sponsor after a business decision was made to discontinue the study and pause further development of ABBV-467.
実際の症例数actual enrolled number 8
試験の対象者のフローparticipant flow ABBV-467は28日サイクルで週1回静脈内投与された。
ABBV-467は,目標用量の50%がサイクル1の1日目に投与され,その後は目標用量が投与された。すべての用量漸増パートは、RP2D(recommended Phase 2 dose)に到達するまで,特定のABBV-467用量レベルで用量制限毒性(DLT)が発現する累積被験者に基づくBayesian Optimal Interval(BOIN)デザインにより実施された。
ABBV-467 was given intravenously weekly on a 28-day cycle.
ABBV-467 was administered with an abbreviated dose ramp-up, in which 50% of the target dose was administered on Cycle 1 Day 1, and full target dose thereafter. All dose escalation parts were guided by Bayesian optimal interval (BOIN) design based on the cumulative number of subjects who experienced a dose-limiting toxicity (DLT) in a given ABBV-467 dose level, until the RP2D was to be reached.
有害事象に関するまとめadverse events 8例中7例に1件以上の有害事象が発現した。有害事象プロファイルはABBV-467投与群間で類似していた。主な有害事象及び治験薬と関連のある有害事象は, AST増加及びトロポニンI増加であった。本試験の被験者に発現したグレード3の事象に特定の傾向は認められなかった。1例にグレード3のトロポニンI増加が発現した(コホート3)。
試験期間中,4例(50%)に非重篤なトロポニン増加(トロポニンI増加2例,トロポニンT増加2例)が認められた。トロポニン増加は4例中3例で回復した。
継続中であった1例では,ABBV-467に対する処置はなかった。これらの被験者に他の心血管所見は認められなかった。1例にGrade 1の非重篤なAST及びALT増加が発現し,治験責任医師により臨床的に重要な肝臓の異常と判断された。
1例(コホート3)にグレード3のトロポニンI増加のDLTが発現したが,非重篤であり,治験責任医師によりABBV-467と関連ありと評価された。ABBV-467は中止され本事象は消失した。
死亡に至った有害事象は認められなかった。治験薬の最終投与から30日を超えた後に疾患進行により2例が死亡した。
重篤な有害事象として発熱性好中球減少症が1例に発現したが,ABBV-467治験薬との因果関係は 「関連なし」 と判断された。
ABBV-467の中止に至ったTEAEは1例に報告され,トロポニンI増加であった(コホート3)。ABBV-467の休薬又は減量に至った有害事象は認められなかった。
血液学的検査,血液生化学検査及び尿検査の結果に傾向は認められなかった。グレード3の臨床検査値異常又は有害事象として報告された臨床検査値異常は,トロポニンI増加,トロポニンT増加,好中球減少症,アミラーゼ増加,AST増加,ALT増加及び貧血であった。バイタルサインに傾向は認められなかった。臨床的に重要な心電図の異常は認められなかった。ECHOの結果は8例すべてで正常であった。ABBV-467が投与された8例のECOGスコアは0~2であった。
ut of 8 subjects experienced at least 1 TEAE. Adverse event profiles were similar across ABBV-467 dosage groups. The events which were reported as both the most frequently reported TEAEs and related TEAEs were AST increased and troponin I increased. There was no pattern of events for the Grade 3 events that occurred in subjects in the study. One of the subjects experienced a Grade 3 troponin I increased (in Cohort 3).
Four subjects (50%) experienced a non-serious troponin elevation during the study (2 troponin I increased and 2 troponin T increased). The event of troponin elevation resolved in 3 of the 4 subjects.
In the 1 subject where the event was ongoing, no action was taken with ABBV-467. There were no other cardiovascular findings in these subjects. One subject experienced a Grade 1 non serious AST and ALT increased which were assessed as a clinically significant hepatic abnormality by the investigator.
One subject ( in Cohort 3) experienced a DLT TEAE of Grade 3 troponin I increased that was non-serious and was assessed as related to ABBV-467 by the investigator. ABBV-467 was discontinued and the event resolved.
There were no TEAEs leading to death in the study. Two subjects died due to disease progression after more than 30 days from the last dose of study drug.
One subject experienced a serious TEAE of febrile neutropenia which was assessed as not related to ABBV-467.
A TEAE that led to discontinuation of ABBV-467 was reported in 1 subject, troponin I increased ( in Cohort 3). No subjects experienced TEAEs which resulted in ABBV-467 dose interruption or dose reduction.
No trends were seen in hematology, chemistry or urinalysis laboratory results. Grade 3 laboratory values or those reported as TEAEs were troponin I increased, troponin T increased, neutropenia, amylase increased, AST increased, ALT increased, and anemia. No trends were seen in vital signs. No clinically significant abnormal ECG results were seen. The ECHO results were normal for all 8 subjects. The ECOG scores ranged from 0 to 2 in the 8 subjects treated with ABBV-467.
主要評価項目の解析結果primary outcome measures ABBV-467の半減期は16分から1時間の範囲であり,検討した用量範囲では曝露量は用量とともに増加した。 ABBV-467 has a half-life that ranged between 16 minutes and 1 hour for the different doses and exposures increased with dose across the studied dose range.
副次的評価項目の解析結果secondary outcome measures ABBV-467を少なくとも1回投与されたすべての被験者が有効性解析対象となった。
有効性は全奏効率(部分奏効+最良部分奏効+完全寛解)によって評価された。 ABBV-467の投与を受けた試験に登録された8人の被験者の全奏効率は次のとおりであった:7名の被験者は疾患の進行が認められ,1名の被験者は有害事象のために研究を中止したため評価されなかった。
All subjects who received at least 1 dose of ABBV-467 were included in the efficacy analyses.
Efficacy for the study was evaluated by ORR (partial response + very good partial response + complete remission). The ORR for the 8 subjects enrolled in the study that received a dose of ABBV-467 was: 7 subjects had disease progression and 1 subject had no assessment because they discontinued the study due to an AE.
簡潔な要約brief summary 最初の3用量コホートに組み入れられた被験者は8例のみであった。本試験では重篤な事象が1件報告されたが,死亡に至った有害事象は報告されなかった。報告された非重篤な有害事象のうち,トロポニンI及びT増加は,他の心血管系所見がなく発現したことから最も注目すべき事象であった。治験依頼者は最初の3用量コホートに組み入れられた被験者は8例のみであった。本試験では重篤な事象が1件報告されたが、死亡に至ったTEAEは報告されなかった。報告された非重篤なAEのうち、トロポニンI及びT増加は、他の心血管系所見がなく発現したことから、最も注目すべき事象であった。治験依頼者は新たな安全性情報によるものではなく戦略的判断により本試験を中止した。 Only 8 subjects were enrolled into the first 3 dose cohorts. There was 1 serious event reported in the study and no TEAEs which led to death in the study. Of the reported nonserious AEs, troponin I and T increases were of most interest as they occurred in the absence of other cardiovascular findings. This study was discontinued by the Sponsor as a strategic decision and not necessitated by new safety information.
試験のプロトコールファイル:URLURL link to protocol file(s)
試験のプロトコールファイル:版、日付version and date of protocol file(s) 版:
日付:
version:
date:
利用規約